「Perplexity AI」無料でGPT4が使えるAI検索エンジンの使い方をご紹介!

 

§1 Perplexity AIとは?

今回紹介するのはPerplexity AIというAI検索エンジンツールで、会話しながら最新の情報を検索することが可能です!

兼松洋輔

カタカナだと「パープレキシティ」と読みます。

個人的にはPerplexityAIはChatGPTに次いで最も使えるAIツールだと思っています!

GPT4が無料で使えるだけでなく、ChatGPTの苦手分野をカバーしている機能で、組み合わせることでさまざまな業務効率化が可能になります。

① AI検索エンジンとは?

検索エンジンと聞いてみなさんは最初にGoogleをイメージすると思います。何か調べごとがある時、まずググるという方も多いのではないでしょうか。

しかしながら、ググってみて色々サイトの中身を見てもいまいち解決しなかったり、要らない情報もたくさん読まなきゃ行けなかったりしますよね。

AI検索エンジンはそんな悩みを解決してくれます。Perplexityで検索すれば、調べたいことについてAIがさまざまなサイトを見に行き(クロール)、まずその回答を示してくれます。そして、その根拠となったサイトを列挙してくれます。

② Perplexityの特徴

(1) 最新の情報にアクセスできる

例えばChatGPTでは直近の情報について聞くと、2021年9月までの内容までしか学習していないため、最新の情報は提供していません。

以前はBing browsingという機能があって可能でしたが、現在サービスが停止しています。

対してPerplexityは最新情報もキャッチアップしてくれるので、情報収集に向いています!

(2)会員登録(サインアップ)なしで使える

PerplexityAIは、サインアップ(登録)が必要なく、サイトを開くだけで使えます!

(3)無料でGPT4を使える

Perplexityでは無料でGPT4を使うことが可能です!

厳密に言うと、簡単なサインアップ(会員登録)を済ませると1時間に4回、有料プラン(月額20ドル)に入るとほぼ無制限で使うことができます。

兼松洋輔

料金プランについては後述します!

(4)出典を明確に示してくれる

ChatGPTでは、ハルシネーションという現象が問題になることがあります。

ハルシネーション嘘の情報を、いかにも正しいことを言っているように生成系AIが出力すること

対してPerplexityでは、どこのサイトから情報をとってきてまとめているかということ(出典)を明確に示してくれるので、嘘の情報をこちらが信じてしまうということが起こりにくいです!

(5) スマホアプリで使える

PerplexityAIはスマホアプリでも使えます!AI検索エンジンとだけあって、スマホで使えるのは非常に便利です!

・iphoneの方はこちら(リンク)

・androidの方はこちら(リンク)

(6) GoogleChrome拡張機能で使える

PerplexityAIにはGoogle Choromeの拡張機能があり、使いたい時に公式サイトやアプリを開かずともそのままワンクリックでPerplexityの機能を使うことが可能です!

また、開いているwebページの要約をしたり、開いているドメイン内から検索をかけることが可能です。

使い方については§2,3で詳しくご紹介します!(拡張機能のリンクはこちら)

兼松洋輔

Perplexityを使うと、これらの機能によって、本当に検索の効率が桁違いに上昇します!是非本記事を読んで使いこなしてください!

§2 Perplexity AIの使い方

① Perplexityのサイトを開く

Perplexityは前述の通り、会員登録(サインアップ)せずに無料で使うことが可能です。(Perplexityを開く)

上のリンクをクリックするとPerplexityAIの公式サイトが開き、以下の画面になります。もう使える状態です。

PerplexityAIのデフォルト画面

出典) PerplexityAI

② サインアップ(会員登録)する

PerplexityAIはサインアップせずに無料で使えるのですが、サインアップすることによってさまざまな追加機能が使えるようになります。

  • WolframAlphaを参照して回答を出させる:数学の問題が解ける
  • GPT4を使った生成ができる(無料版なら1時間で4回):性能がめちゃくちゃ上がる
  • 検索履歴の閲覧ができる:続きから会話形式で検索できる!
  • AI profileを作れる:パーソナライズされたPerplexityAIを作れる!

それぞれについては§3内で後述します!ここではまずサインアップの方法についてご紹介します。

まず「PerplexityAI」のページの左側にある「Sign Up」を開きます。

PerplexityAIのデフォルト画面から、SignUpを選択するときの画像

出典) PerplexityAI

するとこのような画面になります。

Google, Apple, メールアドレスのいずれかでサインアップするときの画像

出典) PerplexityAI

  • Googleアカウント
  • Appleアカウント
  • メールアドレス

の三つで登録が可能です!

PerplexityAIがサインアップを終えたときの画像

出典) PerplexityAI

するとこのような画面になるので、サインアップが完了です!

③ PerplexityAIを使って検索をする

(1)基本的な使い方

実際にPerplexityAIの使い方について基本的な方法を紹介します!

まず、左側の「New Thread」もしくは「Home」をクリックします。すると以下のようなページが開きます。

PerplexityAIで検索をかけるときの画面

出典) PerplexityAI

そしたら例えばこのように聞いてみます。

PromptPerplexityAIがどのような場面で一番効果的に使えるか教えて

PerplexityAIにプロンプトを入力したときの画像

出典) PerplexityAI

このように最初に出典を並べてくれ、その後に結論を出してくれます。

質問に対してPerplexityAIが出力してくれたときの画像

出典) PerplexityAI

兼松洋輔

出典を出してくれるので事実確認がめちゃくちゃ楽です!

(2)検索の設定をする(Focus/Copilot)

検索の際には、基本的に2種類の設定ができます。まずNew Threadを開きます。

PerplexityAIで検索をかけるときの画面

出典) PerplexityAI

一つ目は、GPT4を使うかどうかです。右側のCopilotというところをオンにすると、GPT4が起動されます。

PerplexityAIでCopilotをクリックしてGPT4を起動するときの画像

出典) PerplexityAI

普段はGPT3が使われるそうですが、GPT4をオンにすることで非常に精度が高くなります!

二つ目は検索の出典を決めたり目的を決める(Focus)ことができます。具体的には以下の写真の通りで、論文検索、ライティング、数学の計算(WolframAlpha)、動画(YouTube)、掲示板検索(Reddit)、Wikipediaの6つのモードがあります。

PerplexityAIでFocusをクリックし、目的や用途を選択するときの画像

出典) PerplexityAI

④ Google Chrome拡張機能を入れる

PerplexityAIのGoogle Chrome拡張機能を入れると、前述の通り、GoogleChromeを開いた状態でワンクリックでPerplexityAIを使えたり、そのwebページを要約してもらったり、そのドメイン内(例えばWikipedia)で検索をかけることが可能です。

拡張機能と、本題のPerplexityは別の機能なのですが、非常に便利なのでご紹介します。

このリンクをクリックすると、PerplexityAIの拡張機能をインストールするページが開きます。

PerplexityAIのGoogleChrome拡張機能をインストールするときの画像

出典) Google Chrome

Chromeを追加」をクリックします。

PerplexityAIの拡張機能を追加をクリックするときの画像

出典) PerplexityAI

拡張機能を追加」をクリックします。

PerplexityAIの拡張機能が追加され、アイコンが出現したことを示す画像

このようにGoogleChromeの右上にPerplexityAIのアイコンが出現していることがわかったら完了です!

あとは、PerplexityAIのアイコンをクリックしたらこのような画面になるので、入力して送信するだけで利用可能です。

PerplexityAIの拡張機能を起動させたときの画像

出典) PerplexityAI

こんな感じに答えてくれます!

PerplexityAI拡張機能にプロンプトを入力したときの画像

出典) PerplexityAI

PerplexityAIの拡張機能で、出力してくれたときの画像

出典) PerplexityAI

Google Chrome拡張機能について、詳しくは以下の記事で紹介しています!

無料でAIが質問に答える「Perplexity AI」のGoogle Chrome拡張機能の使い方

兼松洋輔

それぞれについて、実際に使ってみた結果を§3でご紹介していきます!

§3 PerplexityAIでできること

この章では、PerplexityのFocusを使って検索範囲を指定し、一部の作業に特化した検索をご紹介いたします。

兼松洋輔

Focusの使い方については§2の③(2)で説明しています!

① 論文検索(Academic)

PerplexityAIでは、FocusでAcademicを選択することで、論文検索が可能です!

まず、FocusからAcademicを選択します。

PerplexityAIでFocusからAcademicを選択する画像

出典) PerplexityAI

今回はまずこのように聞いてみました。

Prompt肺がんのリスクに関する論文を示してください。

PerplexityAIで論文検索をしたときの画像

出典) PerplexityAI

論文の出典を指定する(Pubmedで検索)

次は論文の出所を指定してみます。

例えば、医学論文について調べられるPubmedというサービスがあるのですが、Pubmed内の論文を検索するということもできます。

プロンプトを入力して、最後に”Cite Pubmed Articles“と入力すると、Pubmedから論文を引っ張ってくれます。今回はこのように入力してみました。

PromptTell me papers on Risk of causing lung cancer. Cite PubMed Articles.

PerplexityAIでpubmed内の論文を検索したときの画像

出典) PerplexityAI

兼松洋輔

pubmedから8個論文を引っ張ってきて、最後にはサマリーも示してくれました!もちろんPubmed以外でも可能ですよ。

② 数学計算 (WolframAlpha)

FocusでWolframAlphaを選択することで、数学の計算も可能です。

WolframAlphaはとっても高度な電卓みたいなサービスです。そんなWolframAlphaもPerplexityAIを通して使うことができます。

WolframAlphaを選択して、例えばこのようにプロンプトを入力してみます。

Prompt8種類の異なる球を円状に並べるときの並べ方は何通りありますか

PerplexityAIにWolframAlphaを使って数学の問題を解かせたときの入力画面

出典) PerplexityAI

出力結果はこちらになります。

PerplexityAIに数学の問題を解かせたときの出力結果の画像

出典) PerplexityAI

PerplexityAIに数学の問題を解かせたときの出力結果の画像2

出展) PerplexityAI

兼松洋輔

正しい回答を出してくれました!ChatGPTは数学が苦手などと言われていたりしますが、PerplexityではWolframAlphaと連携することでかなり高精度なようです。

③ 動画(YouTube)

PerplexityAIではYouTube動画を探すこともできます。

今回は、FocusからYouTubeを選択し、このようにプロンプトを入力してみました。

PromptChatGPTの使い方について解説している動画を示してください。

PerplexityAIでYouTube動画を検索させているときの入力画面

出展) PerplexityAI

出力結果がこちらです。

PerplexityAIのYouTube動画検索の出力結果を示す画像

出展) PerplexityAI

兼松洋輔

YouTubeの検索も自然言語でできる時代になってすごく使いやすいですね!

④ 掲示板(Reddit)

筆者は無知でRedditを知らなかったのですが、アメリカ版2chと呼ばれる、ネット掲示板の一種のようです。

Redditについてはこちらの記事で詳しく説明されていたので是非参考にしてください。

FocusからRedditを選択して、このようにプロンプトを入力してみました。

Prompt岸田総理について

PerplexityAIでReddit検索をしているときの画像

出展) PerplexityAI

出力結果はこちらです。

PerplexityAIのReddit検索の出力結果を示す画像

出展) PerplexityAI

Redditは自社の商品やサービスの宣伝、トレンドのリサーチ、英語学習で活用できるようなので、PerplexityAIを使ってこれらの用途で活用してみるのもありですね。

⑤ Wikipedia

これは、Wikipedia内を検索できる設定となります。

FocusでWikipediaを選択して、このようにプロンプトを入力してみました。

Prompt大谷翔平の学生時代について教えて

PerplexityAIでWilipedia検索をさせたときの画像

出展) PerplexityAI

出力結果はこちらです。

PerplexityAIでWikipedia検索をさせたときの出力画像

出展) PerplexityAI

Wikipedia内を検索し、大谷翔平選手の学生時代について教えてくれました。

兼松洋輔

Wikipediaってなんだかんだ分かりやすく体系的に書いてあるのでこの機能はすごく便利だなあと思いました!

⑥ 文章生成, コーディング(Writing)

この設定では、文章生成やコーディングを手伝ってくれます。

POINTPerplexityAIの使い方に関する記事を書きたいです。

このように入力するだけで、記事の構成を出力してくれました!

PerplexityAIのFocus設定をwritingにしたときの出力結果を示す画像

出展) PerplexityAI

PerplexityAIのFocus設定をwritingにしたときの出力結果を示す画像

出展) PerplexityAI

兼松洋輔

PerplexityAIはAI検索エンジンとして非常な一方、個人的には文章生成やコーディングなどこのあたりはChatGPTの方が遊手かなあという気がしています。

⑦ ファイルをアップロード

PerplexityAIでは、ファイルをアップロードし、その内容についてAIとチャットすることが可能です。

ChatGPTのCodeInterpreterと似た機能ですね。

まず、NewThreadsまたはHomeをクリックします。すると、このように左下に「File」というボタンがあります。

PerplexityAIでHomeをクリックし、Fileにカーソルを合わせたときの画像

出展) PerplexityAI

これをクリックして、ファイルをアップロードすることで準備は完了です。

PerplexityAIでファイルをアップロードし、プロンプトを入力したときの画像

出展) PerplexityAI

(1) ファイルアップロードしてできること

PDFやDocsファイルをアップロードすると中に書いてあることが読み込まれます。

例えば、その内容を抽出したり、要約してもらったりなどの用途があるかなと思います。個人的にはAskYourPDFなどのChatGPTやChatGPTのCodeInterpreterの方が性能が高いような気がしています。

AskYourPDFについては以下の記事で説明しているので是非合わせてお読みください!

ChatGPT『Ask Your PDF』使い方をご紹介!- PDFの内容を爆速で理解しよう!

(2)使用上の注意点

このファイル読み込みは、最大10MBのWordなどのtextファイルかPDFファイルしかアップロードすることができません。

また、1日3個しかアップロードすることができません。これらの点からも他のサービスの方が使い勝手は良いような気はしています。

PerplexityAIでYouTube動画を検索させているときの入力画面

出展) PerplexityAI

⑧ 拡張機能

(1) 開いているWebページを要約する(Summary)

何らかのWebページを開いて、その内容が長かったときに、要約してほしいなあと思ったことはありませんか?

そんな時は、まずPerplexityAIの拡張機能をクリックします。(リンク)

webページの要約をしてもらうためにPerplexityAIの拡張機能を起動させたときの画像

出典) PerplexityAI

右上にある「Summarize」をクリックします。

PerplexityAIにwebサイトの要約をしてもらったときの出力結果の画像

出典) PerplexityAI

こんなふうにwebページの要約をワンクリックで出力してくれました!

(2)検索範囲を指定(Focus)する(All, This Domain, This Page)

PerplexityAIでは、拡張機能であっても検索範囲を指定(Focus)することができます。

webページの要約をしてもらうためにPerplexityAIの拡張機能を起動させたときの画像

出典) PerplexityAI

左下のFocusをクリックします。

PerplexityAIの拡張機能でFocusをクリックして検索範囲を指定するときの画像

出典) PerplexityAI

このように、All, This Domain, This Pageの三つが出てきます。

  • All:検索エンジンで閲覧できるすべてのページから検索
  • This Domain:今閲覧しているドメインの中から検索
  • This Page:今閲覧しているページの中から検索

例えば、Wikipedia内で検索したいとします。そんな時はThis Domainを選択します。

PerplexityAIの拡張機能でFocusをThis Domainに選択してプロンプトを入力したときの画像

出典) PerplexityAI

プロンプトを入力すると、このようにWikipediaの中から検索をかけて出力してくれます!

PerplexityAIでWikipediaのドメイン内で検索をかけて出力させたときの画像

出典) PerplexityAI

兼松洋輔

他のAllなら通常のPerplexityAIと同様ですし、This Pageではそのページ内から検索してくれます。

§4 料金プランとサインアップしてできること

PerplexityAIはサインアップ無しかつ無料で使えますが、サインアップした段階、有料プランに入った段階で、利用できる機能が増えていきます。簡単に以下の表にまとめました!

プランサインアップ✖️サインアップ⭕️有料プラン
料金無料無料月額20ドル(年200ドル)
WolframAlpha✖️⭕️⭕️
Copilot(GPT4)✖️1時間に4回1日に300回以上
検索履歴閲覧✖️⭕️⭕️
AI profile✖️⭕️⭕️
プロのサポート✖️✖️⭕️

有料プランではCopilot(GPT4)を1日300回以上使えるわけですが、一日10時間PerplexityAIを使うとしても2分に一回の計算なので、正直無制限と考えてもらって構わないと思います。

兼松洋輔

とりあえずはサインアップして、Copilot(GPT4)がめちゃくちゃ便利だな!と感じたら有料プランに入るのをお勧めします。

有料プランの入り方

PerplexityAIのデフォルト画面の左下にある「Learn more」をクリックします。

PerplexityAIの有料プランの入り方を示す画像

出展) PerplexityAI

するとこのような画面になります。1月ずつ払うか1年分払ってしまうかを選択し、「Get started」をクリックします。

Perplexityの有料プランで月額を払うか年額を払うかを選択するときの画像

出展) PerplexityAI

年払いだと40ドル(二ヶ月)分がお得になります!

あとは、クレジットカードの情報を入力して支払うだけです!

§5 PerplexityAI vs ChatGPT

ここでは、PerplexityAIを使った感想を兼ねて、同じGPT4を使えるサービスであるChatGPTとPerplexityAIを比較してみようと思います。

PerplexityAIのいいところ

  • 最新情報を取ってくることができる。
  • 情報の出展を明示してくれるのでファクトチェックが簡単。
  • サクサク出力してくれる
  • 感覚的に使いやすい
  • 無料でGPT4が使える

ChatGPTのいいところ

  • 文章生成、コーディングなどクリエイティブ系に強い
  • プロンプトを組めれば、できることの幅が広い

これ以外にもさまざまな違いがあると思います!

兼松洋輔

個人的にはPerplexityAIとChatGPTは役割が全く違って、むしろ二つを組み合わせていくことでよりよくなっていくと感じています。

§6 まとめ

今回はAI検索エンジンのPerplexityAIについて、使い方や料金プランなどを紹介しました!

正直テキスト系の生成系AIはChatGPTとPerplexityAIの二つだけで十分というぐらいですね。ChatGPTはタスク処理や文章生成などに長けている一方、PerplexityAIは情報収集に長けているので二つを組み合わせていくことで、めちゃくちゃ業務が効率化できると思います!

関連記事

【Bard vs ChatGPT】それぞれの利点と違いを徹底解説!

『bing AI』の使い方/始め方/ChatGPTとの違い/画像生成の方法をまとめて解説!

 

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。