AIがコーディングを補助するエディタ「Cursor」の日本語での使い方や料金を紹介!

CursorはAIを用いてコーディングができるコードエディタです。Chat GPTが内蔵されており、AIチャットを使いながらコーディングをすることができるので、プロンプトによってコードを書いてもらったり、解説してもらったりすることができます。

未経験者でもAIと二人三脚でコーディングができる時代がついに到来したといっても過言ではないでしょう!今回はCursorの基本的な使い方と料金についてご紹介していきます。

    🔼「AITech」がオススメする初心者〜上級者まで学べるAIスクールです!🔼

1章『Cursor』の概要と始め方

1-1『Cursor』の概要

CursorはAIを用いたコーディングツールです。このツールの最大の特徴は、AIがコーディングを行ってくれるということです。自分が書いたコードをAIに手直ししてもらうだけでなく、機能の要望をプロンプトするだけで0からコードを書いてくれることもできるのです!

さらにCursorはユーザーが多いとされているVisual Studio Codeを基に作られているため、非常に使い勝手が良いです。

1-2『Cursor』の始め方

早速Cursorを始め方を紹介していきます!

公式サイトを開く

cursorの公式サイトの画面

画像出典Cursor

Macユーザーの方は、「Download for Mac」をクリックします。WindowsやLinuxユーザーの方は、「Other」ボタンをクリックして該当するものをクリックしてください。アプリケーションをインストールするためのファイルがダウンロードされます。

②アプリのインストール

cursorのアプリをインストールしている様子

ダウンロードしたファイルをクリックすると上の画像のようにファイルを開いて良いかを聞かれるので、これを開いてアプリをダウンロードしましょう。

③アカウントの作成

cursorでサインアップする画面

画像出典Cursor

インストールしたアプリを開くと初めにアカウントを作る必要があります。Cursorのアカウントを持っていない方は、「Sign up」をクリックしてアカウントを作成しましょう。

cursorでアカウントを作る画面

画像出典Cursor

eメールアドレスやGoogleアカウント、Githubアカウントからアカウントを作成できます。お好みの方法でアカウントを作成しましょう。

cursorでアカウントを作成した後の初期画面

画像出典 Cursor

アカウントを作成するとこちらの初期画面が現れます。これにて初期設定は完了です!

1-3日本語設定の方法

corsorはデフォルトでは言語設定が英語になっていますが、設定を変えることで日本語で使うことができます!

ここからは、Cursorを日本語で使用する方法についてご紹介します。

cursorでメニューバーを開いた時の画像

画像出典Cursor

画像のように、画面上のメニューバーから「view」という項目をクリックして、「command palette」を選択します。

cursorでcommand palettteを開いた画面

画像出典Cursor

command paletteを開くと様々な機能が出てきますが、今回は「Configure Display Language」をクリックします。変更する言語を選択することができます。

cursorで言語を選択する画面

画像出典Cursor

上の画像のように言語を選択できるので、日本語を選択すれば完了です!

日本語設定に変えた後のcursorの画面

画像出典Cursor

ご覧のように、表示言語の設定を変えると、メニューバーや画面下の文字が日本語に変化したことがわかります。使いやすさは格段にアップしましたね!

     🔼「AITech」がオススメする初心者〜上級者まで学べるAIスクールです!🔼

2章『Cursor』の使い方

それでは、Cursorを使っていきましょう!

2-1既存のコードの編集

既存のコードを編集する場合には、該当部分を選択した上で「command+K 」を押すことでAIを呼び出すことができます。

cursorで既存のコードを編集する画像

画像出典Cursor

今回は出力するグラフの色を赤色に変更するようにテキストでプロンプトをしました。赤くなっている行は元のコード、緑色になっているところが新しく変更されたコードを表しています。コード全体をコピーした場合には、変更前のコードはコピーされていないのでご安心ください。

2-2コードに関する質問

チャットボットを用いてコードの編集をしたい場合は、「command+L  」を押すことでチャットを展開することができます。

cursorでAIに質問している様子

画像出典Cursor

チャットではコードの解説から、間違いの訂正、0からのコードの生成などの何でも質問ができます。通常のチャットボットのように使うことできるので感覚的に使うことができるのです。

2-3 attach

cursorのチャット部分を拡大した画像

画像出典Cursor

この画像はチャットの部分のページを拡大したものになるのですが、「Attach」という項目があるのがわかります。こちらを使えばより効果的にAIを用いてコーディングをすることができます。

正直今までの機能では、コードを書く場所にChatGPTがついただけのようにも見えましたが、ここからがChatGPTとの差別化ポイントとなります。

Files

こちらを使えばCursor内のコードが書かれているファイルを選択して読み込ませることができます。Chat GPTでは文字数制限があるような長いコードでも読み込んでくれます。これをもとに、チャットで質問することができます。

Docs

DocsではURLを入力して外部のコードをAIに学習させることができます。

cursorの機能Docsの画面

画像出典Cursor

画像のように「Add new doc」を押すことでURLを入力することができるので、学習させたいURLを追加させることができます。

これを基に学習したURLの内容を教えてくれたり、自分の書いたコードとの関連性などを確認することができます。

CursorでDocsを実際に使った画像

画像出典Cursor

 

2-4 bashモード

Cursorは現在の時点でコードを実行することができません。そこで実行するためにはローカル環境を自分で用意する必要があります。

しかしながらmacユーザー限定で「bashモード」というものを使うことができこれでローカル環境でもコードを実行することができるのです。

①設定を開く

cursorの設定画面を開くボタンを示した画像

画像出典Cursor

画面右上の赤枠部分、歯車のマークから設定を開きます。

Cursorの設定画面

画像出典Cursor

この画像の赤枠部分「Advanced」をクリックします。

③Bash Modeを使えるようにする

CursorでBashモードを利用可能にする画像

画像出典Cursor

Bash Modeを「Enable」にすればBashモードを使うことができるようになります。

cursorで実際にbashモードを使っている画像

画像出典Cursor

このように動作確認、そしてファイルを作ることができました!これをうまく活用すれば、コードをAIに試行錯誤させながら半自動でコーディングができるようになることも考えられます。

どうやら完全に思い通りに動作するわけでは無いそうなのですが、可能性を感じますね。


3章『Cursor』の料金

Cursorは基本的に無料で使うことができますが、料金プランがあり有料プランだとより快適にCursorを使うことができるようになります。(公式サイト

Free(無料)Pro($20/月)
GPT-3.5月に200回使用可能無制限利用可能
GPT-4計50回まで利用可無制限利用可能(高速GPT-4を

月500回利用可能)

プライベートデータコントロール⚪︎⚪︎

無料プランではGPT-3.5を使い続けられるのに対して、GPT-4はクレジットが回復しないことがわかります。そのため、本格的にコーディングをするのであれば、Proプランに入る必要がありそうです。


4章まとめ

今回はAIを用いてコーディングができるコードエディタであるCursorについて紹介しました!今までAIがコーディングを手助けしてくれるツールはいくつかありましたが、この機能に特化したツールはとても珍しいのではないでしょうか。Cursorが今後のコーディングの効率化において、重要な役割を果たしていくことは間違い無いでしょう。

本サイトでは、他にも様々なAIツールを紹介しています。本記事を読んで気になった方はそちらの方も是非チェックをお願いします!(リンクはこちらから)

「生成AIツールを導入して業務を効率化したいが、コストを抑える方法や適切なツールの選択がわからない」とお悩みの方は、お気軽に以下よりお問い合わせください。業務内容の分析から最適なツールの提案、導入のサポートまで、全面的にサポートいたします!

また、AIツールの掲載も無料で承っておりますので、お気軽にご連絡ください!

    関連記事

    PythonやC言語を1つのブラウザで!Replitの使い方や料金を紹介!

    この記事は役に立ちましたか?

    もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。