日本語プレゼンを10秒で生成!『Gamma ai』の使い方/料金を紹介!

§1 『Gamma ai』(ガンマ) とは?

みなさん、プレゼンテーション資料を作るときは何を使っていますか?多くの人はpowerpoint(パワーポイント)google slideを用いて手作業で作っていると思います。かなり時間がかかりますよね。

今回はGamma AIというAIサービスについて紹介します!

Gamma AIとは、無料で、簡単な文章やwordなどの文書から、1分程度で、AIが見栄えの良い日本語のプレゼン資料(スライド/slides)やwebsite(webサイト)を作ってくれるサービスです。

  • 無料でAIがプレゼン資料を自動生成
  • 使いこなしやすい!デザインも簡単!
  • Youtube, Twitter, Google Formなど何でも埋め込める!
  • 共同作業がしやすい!
  • 日本語でも使える!

などの良いところがあります!

是非この記事を読んでGammaを使いこなし、プレゼン資料作成の苦痛から解き放たれてください!

『Gamma(ガンマ)AI』の機能

兼松洋輔

Gamma AIは、簡単にいうと、powerpoint(パワーポイント)やgoogle slideなどの、既存のプレゼン資料(スライド/slides)作成ソフトに、AI機能が足されたものになります。

具体的には、

①AIで日本語のプレゼン資料を自動生成

②プレゼン資料を編集

③ドキュメントの作成

④webページの生成       という二つの機能があります。

複雑な作業は一切なしに、良い感じなプレゼン資料・ドキュメント・webサイトが生成できるということです!

大まかにはこの動画を眺めてくださればわかると思います!英語ですが、この記事で分かりやすく説明するのでご心配なく!

①AIでプレゼン資料を自動生成

Gamma AIでは、簡単な内容の入力、もしくはword, Google Documentsなどの文書をインポートすることで、AIが日本語のプレゼン資料を自動生成してくれます。

『Gamma ai』のプレゼン資料作成機能

画像出典:Gamma ai

今までは、プレゼン内容を作り、wordなどで内容を整理して仕上げ、プレゼン資料を作るというように、かなりの手間がかかっていたと思います。

Gamma AIは、wordなどからプレゼン資料を自動的に生成してくれるので、私たちがやることはプレゼン内容を考えるだけです!

河津大誠

プレゼン内容も、ChatGPTが書いてくれるので、ほとんど私たちの作業はいらないですね。笑

ChatGPTに内容を考えてもらい、それをGammaにプレゼン資料にしてもらったものはこちらです。(ChatGPT-Gamma)

全く手を加えていないですが、このクオリティなら手を加える必要もなさそうですね。

②プレゼン資料を編集

Gamma AIではもちろん、自分なりに編集することも可能です!

  1. 書式を変える
  2. テーマを変える
  3. レイアウトを調節する
  4. 写真、動画、webページ、フォーム、ボタンを埋め込む
  5. 自分で1からページを作り、追加する

などの作業を自分で行うことができます。尚、もちろんこの場面でもAIを使って効率的に作業を進めることが可能です

>> Gammaでプレゼン作成をする

③ドキュメントの作成

『Gamma ai』を用いたドキュメントの作成画面

画像出典:Gamma ai

『Gamma ai』ではプレゼンのみでなく、ドキュメントの作成も可能です。

プレゼンと同じく、作成したいドキュメントの簡単な情報を入力するだけで作成できます。

さらに、この機能を用いて作成したドキュメントをインポートプレゼンを作成するということも可能です!

④Webページの作成

上記に加えて『Gamma ai』ではwebページの作成も可能です。

『Gamma ai』にて、プロンプトをもとにwebページを作成する様子

画像出典:Gamma ai

こちらも同様に簡単な情報を文章で与えるだけで完結します!

実際に『Gamma ai』で作成した『生成AIの業務活用方法』に関するwebページはこちらです。(リンク)

兼松洋輔

次の§2では具体的な使い方を説明していきます!



§2 Gammaの使い方!

Gammaに登録する

まずGammaのサイトを開きます。このような画面になるので、Sign upしていきます

gamma aiのスタート画面

出典) gamma ai

Gmailで認証するのが楽だと思います。

認証が済んだら、First name, Last name, Passwordを入力します。

すると以下のようになるので、仕事目的(For work)なのか、学校で用いる(For school)のか、個人的に使う(For personal use)のかを選択します。

gamma aiの使用目的を指定する画面

出典) gamma ai

プレゼン資料をAIで生成(チュートリアル)

登録が済んだらPresentation, Document, Webpageと出てきます。今回はプレゼン資料を作るので、左のpresentationを選択しましょう。

presentation, document, webpageのいずれかの目的を指定する画面

出典) gamma ai

①トピックを決める

するとこのような画面になります。日本語でも大丈夫なので、自分の作りたいプレゼン資料の内容のトピックを入力しましょう。ChatGPTに作ってもらっても良いですね。

presentationを選択し、プロンプトを入力する画面

出典) gamma ai

すると、このように自動的にアウトラインを作ってくれます。そのままでも良いですし、自分で訂正していただいても大丈夫です。

作りたい資料の内容を入力する画面

出典) gamma ai

②テーマを決める

すると、以下のような画面になるので、テーマを決めて(Pick a theme)、continueをクリックします。

スライドのテーマを選択する画面

出典) gamma ai

③AIがプレゼン資料を自動生成

すると、このようにプレゼン資料が自動生成されます!

生成された日本語スライドの1ページ目

出典) gamma ai

兼松洋輔

ここから編集の仕方を知りたい方は§3に飛んでください!次の章では、2回目以降の生成方法を説明します!

プレゼン資料を作る(2回目以降)

今まではチュートリアルの一環で、プレゼン資料を自動生成しましたが、ここからは2回目以降の方法を説明します!

Gammaのデフォルト画面はこのようになっています。

gamma aiのデフォルト画面

出典) Gamma ai

この画面の見方について示しました!

gamma aiのデフォルト画面の見方を示す画像

出典) Gamma ai

今まで作った資料がまとまっています。

新しく資料を作る』と書いたところには

  1. New with AI → 簡単な文章から、AIに自動生成してもらう
  2. New blank deck → 新しく自分で作る(AIのお助けあり)
  3. Import → Wordファイル、Google Docsを読み込ませて、AIに自動生成してもらう

という3つがあります。

今回は1. New with AIについて説明します!New with AIをクリックするとこのような画面になるので、Text to deckをクリックします。ちなみに、Guidedをクリックすると、トピックを与えるだけでAIが自動的にアウトラインを作ってくれます!先ほどのやつですね。

new with AIからtext to deckを選択する画面

出典) gamma ai

するとこのような画面になります。最初は一つずつ行なっていた設定が、一括になっています。

text transformの入力画面の見方を示す画像

出典) Gamma ai

①プレゼンの内容を入力

ここには、プレゼンの内容を書きます。

Add or paste in your content here. It can be a simple topic, a list of bullets, an outline, or an entire document. (あなたのコンテンツをここに追加または貼り付けてください。それはシンプルなトピック、箇条書きのリスト、アウトライン、または完全なドキュメントであっても構いません。)

という風に書いてあります。簡単文章を書いても良いですし、文書をimportしても構いません!

兼松洋輔

私はChatGPTに聞いて、見出しを作ってもらいました!

ChatGPTに5 topicsを生成してもらった画像

出典) ChatGPT

 

②資料の形式

これは先ほどもありましたね。Presentation, Document, Webpageの三つがあります。

私はプレゼン資料を作るので、Presentationを選択しました。

presentationのフォーマットを選択した画像

出典) gamma ai

③プレゼン資料の長さ

ここでは、資料のページ数を決めます。この場合8ページのプレゼン資料が生成されます!

スライドの長さを選択する画像

出典) gamma ai

④画像の権利関係の設定

ここでは、プレゼン資料の使用用途に合わせて、画像に関して設定していきます

ここを開くと、次のように書いてあります。

画像の出典を選択する時の画面

出典) gamma ai

All images (全ての画像)
Use the most relevant images, even if licensing is unknown (ライセンスが不明であっても、最も関連性の高い画像を使用します。)

Free to use (個人利用可能な画像)
Only use images licensed for personal use, like a school project. (学校のプロジェクトのように、個人利用が許可された画像のみを使用します。)

Free to use commercially (商業利用可能な画像)
Only use images licensed for commercial use, like a sales pitch.(セールスピッチのように、商業利用が許可された画像のみを使用します。)

画像の出典まで考慮してくれているのは、素晴らしいですね。

兼松洋輔

私はこの記事に載せるので、”Free to use commercially“を選択しました。

⑤AIがプレゼン資料を自動生成

あとは、右下の“Generate”をクリックすると、自動生成されます!

完成したプレゼン資料を編集する

編集は全て右側のリストから可能です!このように様々なものを編集することができます!

スライド編集画面の見方を示す画像

出典) Gamma ai

兼松洋輔

納得がいくまで自分好みに編集できるのも良いですね。

AIのお助け機能

特にこのAIのお助け機能は非常に有用だと思います!

AIお助け機能を示す画像

出典) gamma ai

このように、AIとChat形式で編集を加えていくことが可能です!クレジットを食うところはあるので、そこは注意しましょう。

日本語スライドについて

『Gamma AI』では日本語でプレゼンを生成することも可能です!そのため日常的にプレゼンを作る際に使用することができます。

以下に一つの作成例を載せておきます。

(AIの利用について)

みなさんにも見てもらった通り『Gamma AI』の魅力はビジュアルだと思ってます。


§3 料金と実際の制作例

『Gamma AI』の料金

『Gamma AI』に有料プランが追加されました!(9/4現在)

『Gamma Pro』という有料プランは月額2400円で無制限に『Gamma AI』の機能を利用できます。

無料プランでは、AIの利用にはクレジットを消費する必要があります。以下に仕組みの表を示しました。

sign up+400クレジット
招待+200クレジット/人
自動生成-40クレジット/1ファイル
AIとチャット-20クレジット/1チャット

兼松洋輔

いっぱい使いたかったら招待して〜という感じなんですね。

Gamma Proの料金と内容

画像出典:Gamma ai

詳しくは公式サイトをご覧ください(リンク)

実際のプレゼン制作例

以下に実際に『Gamma AI』を用いて制作したプレゼンを紹介します。

文章をもとに作成

・AIの仕事利用について(リンク)

・生成AIの業務での活用方法(リンク)

ドキュメントをもとに作成

・レストランへの生成AIの導入(日本語版)(リンク)

・レストランへの生成AIの導入(英語版)(リンク)

比較して頂けるとわかる通り、日本語よりも英語の方がクオリティが高くなる傾向があります。


§4 終わりに

今回は、『Gamma AI』というAIサービスについて紹介しました。プレゼン資料をこんなに簡単に作れるのは画期的ですね。内容も補填してくれて、感動しました。。『Gamma AI』にはこの他にもドキュメント作成やwebサイトの作成などの機能もあります。ぜひ実際に使ってみてその便利さを体感してみて下さい!

ChatGPTやAIの社内導入にご興味や疑問をお持ちの方は、以下のフォームよりお気軽にお問い合わせください!最適なソリューションをご提案させていただきます。

    今回紹介した『Gamma AI』以外にも有用なプレゼンAIはいくつかあるので使い分けてみてください!

    日本語プレゼン資料を10秒で生成!『Tome AI』の使い方や機能を紹介!

    AIが日本語でスライド資料を生成!『Slides GPT』の使い方や機能を紹介!

    この記事は役に立ちましたか?

    もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

    関連記事

    コメント

    1. Amazing lots of useful info!