商用利用は可能?画像生成AI 『DALL-E2』の日本語での使い方/呪文/料金を紹介!

DALL-E2を用いて生成したオレンジ色の夕日が沈む海辺で、砂浜に座ってくつろぐ美しい女性

 

河津大誠

こんなリアルな画像を一瞬で生成出来るAI使ってみたくないですか??

今回はこのようなリアルな画像を簡単に生成できるOpenAIによって開発された画像生成AI『DALL-E2』について全4章に分けて、登録方法や料金、使い方から呪文(プロンプト)まで紹介しているのでぜひ読んでみてください!!

 

§1:画像生成AI『DULL-E2』の魅力と簡単な登録方法

近年、AI技術の発展に伴い、さまざまな分野での活用が進んでいます。 

特に画像生成AIは、人間とは比べ物にならない速度で画像を生成できるため、多くの業界、特にデザイン業界などで用いられています。         

今回は、そんな画像生成AIの中でも特に注目されている「DULL-E2」について、その魅力と簡単な登録方法を解説していきます。

1-1 DALL-E2とは

DULL-E2」は、OpenAIが開発したディープラーニング技術を活用した画像生成AIで、ユーザーが入力したキーワードや文章に基づいて、独自の画像を数秒で生成することができます。これにより、従来は専門的な知識や技術を必要としていた画像制作が、簡単かつ効率的に行えるようになりました。

DULL-Eの他にも画像生成AIは数多くありますが、DULL-EはChatGPTを制作した会社であるOpenAIが制作したツールなので、性能が高く、よく使われるものになっています。

1-2 DALL-E2の強み

高いクオリティの画像を生成できること。   

ディープラーニング技術を活用しているため、生成される画像は非常にリアルで、手作業で作成されたものと見分けがつかないほどのクオリティを実現しています。しかも知識を特に必要としていないため、誰でも使うことができ、プロのデザイナーに依頼することなく、自分で手軽に高品質な画像を作成できるのです。

短時間で画像が生成できること。                                 

従来の画像制作では、アイデアを考えたり、複雑なツールを使ってデザインを行ったりと、多くの時間がかかっていました。しかし、「DULL-E2」では、入力したキーワード(プロンプト)や文章に応じて、数秒で画像が生成されるため、効率的に画像制作が行えます。

アイデアを具現化できること。                              

従来の画像制作では、自分が思い描いている画像を他人に伝えることが難しく、理想通りの画像ができあがるまでに多くの手間と時間がかかっていました。しかし、『DULL-E』では、ユーザーが入力するキーワードや文章に応じて、そのイメージに近い画像が生成されるため、アイデアを直接画像として表現することができます。

商用利用が可能であること。

DALL-Eで制作した画像は商用利用が認められているため、画像が必要になるたびに著作権フリーの画像を探すという手間が省けます。商用利用については§3にて詳しく触れています。

1-3 登録方法

では、この「DULL-E2」を使ってみたいという方は、どのように登録すればよいのでしょうか?

以下に、簡単な登録方法をご紹介します。

dall-e2のホーム画面

画像出典:DALL-E2公式

①「DULL-E2」の公式ウェブサイトにアクセスしてください。(リンクはこちら

②サイトにアクセスしたら、上の写真の画面に飛びますので、『Try DALL・E』と書いてあるボタンを押してください。

③トップページにある『Sign Upまたは『Get Startedのボタンをクリックします。

④登録に必要な情報を入力します。メールアドレス、パスワード、お名前など、必要事項をすべて入力したら、『Create Account』または『Sign Upのボタンをクリックして、アカウントを作成します。これはOpenAIのアカウントを作成したことになるので、同じアカウントでChatGPTも利用可能です。

⑤アカウントが作成されると、指定したメールアドレスに確認メールが送信されます。確認メールに記載されているリンクをクリックすることで、登録が完了し、「DULL-E2」のサービスを利用することができます。

⑥ここまで完了すると上記の画面になると思います。

DALL-E2で生成した画像

画像出典:DALL-E2

Generateボタンの左に書きたい絵を言葉で表現することで画像が生成できます(英語での入力の方が性能が高いので、ChatGPTで翻訳してから入力することをお勧めします。日本語のままでも良い時もあります。)

例えば、

プロンプトA centered explosion of colorful powder on a black background(黒い背景の上で中央で爆発するカラフルな粉)

と入力すると次のような画像が出力されます。

A centered explosion of colorful powder on a black background(黒い背景の上で中央で爆発するカラフルな粉)というプロンプトを元に生成されたDALLEの画像

なお、「DULL-E2」には無料プラン有料プランがあります。無料プランでは、画像生成の回数や機能が制限されていますが、有料プランにアップグレードすることで、より多くの画像を生成したり、高度な機能を利用することができます。自分の用途に合わせて、適切なプランを選ぶことが大切です。

以上で、「DULL-E2」の魅力と簡単な登録方法について解説しました。画像生成AI「DULL-E2」を利用することで、誰でも簡単に高品質な画像を生成することができます。ぜひ、自分のクリエイティブなアイデアを実現させるために、「DULL-E2」を活用してみてください。

 

§2: 画像生成AI「DULL-E」の使い方

前章では、「DULL-E2」の魅力と登録方法について説明しました。この章では、実際に「DULL-E2」を使って画像を生成する際に、どのような聞き方をすれば良いのかについて解説していきます。

ChatGPTを画像生成にも活用

画像生成のためのテキスト入力 画像生成のためには、「DULL-E2」に指示を与えるテキストが必要です。テキストを入力する欄に、生成したい画像に関する説明やキーワードを記述します。例えば、「オレンジ色の夕日が沈む海辺で、砂浜でくつろぐ美しい女性」のように具体的なシーンを描写することで、より理想に近い画像が生成されることがあります。下の画像は上記の聞き方で生成された画像です。

このように画像を生成したい際の指示の出し方をプロンプトと言います。プロンプトは自分で考えても良いですが、上手くいかないときはChatGPTを活用すると良いです。

ChatGPTを用いてDALL-E2のためのプロンプトを生成している様子

ChatGPTを用いてDALL-E2のためのプロンプトを生成している様子②

ChatGPTを用いてDALL-E2のためのプロンプトを生成している様子③

このようにChatGPTに尋ねることで良いプロンプトを見つけることが出来ます。

特にDALL-EはChatGPTと同じく、OpenAIによって作られているので、ChatGPTとの相性が良いとも考えられます。

ChatGPTを用いてDALL-E2のためのプロンプトを生成している様子④
ある程度作りたい画像が決まっている場合も、より詳細なプロンプトを提案してくれます。

河津大誠

ChatGPTについては次の記事で紹介しているので合わせてお読みください。(ChatGPTの記事)

このようにして生成された画像が満足できるものであれば、ダウンロードして使用することができます。「DULL-E2」のダッシュボード上で、生成された画像を右クリックし、右上のダウンロードボタンを選択して、画像を保存します。

画像のダウンロード方法を記した画像

画像出典:DALL-E2

また、画像の編集を行うことも可能です。

DALL-E2の画像編集画面

画像出典:DALL-E2

また、過去に生成した画像は『History』から一覧で確認できます。

今までに生成した画像を確認できる

画像出典:DALL-E2

 

§3: 商用利用と料金について

3-1 商用利用について

DALL-Eを用いて自ら作成した画像が商用利用可能であると、OpenAI社の投稿によって明言されています。

DALL-Eを用いて自ら作成した画像が商用利用可能であるであることがわかるOpenAI社の投稿

OpenAI公式サイトより抜粋

『本日より、ユーザーはDALL・Eで作成した画像を転載、販売、商品化する権利を含め、商品化するための完全な使用権を得ることができます。これには、調査プレビュー中に生成された画像が含まれます。既に使用予定のユーザーは、児童書のイラスト、ニュースレターのアート、ゲームのコンセプト アートとキャラクター、デザイン コンサルティングのムードボード、映画の絵コンテなど、商用プロジェクトに DALL·E 画像を使用することを計画していると語っています。』

上記は公式サイトの和訳になります。このように一瞬で作れる画像がかなり自由に使えるというのは本当に画期的だと思います。

河津大誠

では、具体的にどのように使えば良いのかについて見ていきましょう。

3-2 DALL-Eで作成した画像の活用方法

ソーシャルメディア

画像生成AI「DULL-E」を使って生成した画像は、SNSやブログでの投稿に活用できます。魅力的な画像を用いることで、ユーザーの注目を集め、エンゲージメントを高めることが期待できます。また、アイコン等に用いることも可能です。

広告やマーケティング

デジタルマーケティングにおいて、視覚的なインパクトが重要です。画像生成AI「DULL-E」を活用して、個性的で目を引く広告素材を作成し、効果的なプロモーションを実施することができます。

ウェブデザインやアプリデザイン

「DULL-E」で生成された画像は、ウェブサイトやアプリのデザインにも活用できます。ユーザーにとって魅力的なデザインを提供することで、ユーザー体験を向上させることができます。

プレゼン資料

プレゼンテーション資料に視覚的な要素を取り入れることは、聴衆の注意を引き、伝えたいメッセージを効果的に伝える方法です。「DULL-E」を使って作成した画像をプレゼンテーション資料に活用し、印象に残るプレゼンテーションを実現しましょう。

以上のように、画像生成AI「DULL-E」は様々な分野で活用することができます。実際このサイトにおいても、かなりの数のDALL-Eで生成した画像を使っています。このように画像生成AIの使用によって比べてイラストの制作速度が格段に向上するため、あらゆる作業の大幅な効率化が見込まれます。皆さんもぜひ利用してその実用性を体感してみてください!

3-3 無料で利用可能?料金プランについて

『DALL-E2』は画像生成の際にクレジットを一つ消費します。

基本的には115クレジットで15ドル(約2000円)となっており、DALL-E2を利用して画像を生成するにはこのクレジットを購入する必要があります。

DALL-E2が115クレジットが15ドルであることを示す画像

OpenAI公式サイトより抜粋

また、DALL-E以外にも数多くの画像生成AIが存在します。それぞれ特徴があり、好みも分かれますので気になる方は次の記事も読んでみてください!

§4 DALL-Eで制作した画像とそのプロンプト

以下は、実際にDALL-Eを用いて制作した画像と、そのプロンプトの紹介になります。

A beautiful waterfall in a magical forest(幻想的な森の中にある美しい滝)

A centered explosion of colorful powder on a black background

 

3D render of a purple balloon dog in a pink room の色を変更

§5 まとめ

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。