AIで画像生成やデザインができるMicrosoft Designerの使い方についてご紹介!

 

Microsoft Designerとは?

① Microsoft Designerの特徴

今回は、Microsoft designerという、無料でデザインや画像を生成できる、便利なAIツールについて紹介します!

昨今、MidjourneyやStable diffusionなどに代表されるような、画像生成AIツールがたくさん出てきていますが、これらはどんな画像も高クオリティで生成できる一方で、用途がイマイチわかりにくく、趣味の範疇になってしまったり、業務で用いるとしてもとても高い技術が必要で簡単に使うことが難しいものが多いです。

一方で今回のMicrosoft designerは画像のデザインに特化していて、ユーザーにとってとても使いやすく設計されています!

また、画像生成においては、DALL-E2というOpenAI社の画像生成AIが搭載されているようで、画像生成自体のクオリティも高いです!

兼松洋輔

難しい設定もなく、現状では無料で使えるので、ぜひ本記事を読んで使ってみてください!

② 料金プラン・商用利用について

先述の通り、現状ではMicrosoft Designerは無料で利用することができます。

また、「生成した画像は任意の目的で、合法的な範囲で使用が可能」というように利用規約に示されているので、商用利用も可能であるといえるでしょう。

次の章で具体的な使い方について紹介していきます!


     🔼「AITech」がオススメする初心者〜上級者まで学べるAIスクールです!🔼

Microsoft designerの使い方

基本的な使い方については、以下のMicrosoft公式の動画で紹介されています!

英語がわからなくて、動画の内容がわからない方でも本記事で紹介するので、心配しなくて大丈夫ですよ。

① インストール / Sign up

Microsoft Designerの初期画面のスクリーンショット

出典)Microsoft Designer

Microsoft Designerでは、特段インストールやサインアップは必要なく、Webサイトに入るだけで使うことが可能です!

必要なのはMicrosoftアカウントだけです!

兼松洋輔

私は普段Google Chromeを使っているのですが、Google Chromeでサイトに入ると、すぐに使うことが可能でした!

② 画像を用意する

Microsoft Designerでは、まずデザインの元となる画像を用意する必要があります。用意の仕方は2通りです。

画像の用意の仕方① 画像をAIで生成する「Generate Image
② 画像を追加する「Add Image

一つずつ紹介していきます!

(1) 画像をAIで生成する「Generate Image」

プロンプト入力画面の下部にある「Generate Image」をクリックします。「Generate Image」をクリックせずにこのままプロンプトを入力することも可能ですよ。

Microsoft Designerの初期画面のスクリーンショット

出典)Microsoft Designer

すると、以下のような画面になります。

What image do you want to create?」と書いてあるところがプロンプト入力画面なので、そこに生成して欲しい画像の内容(プロンプト)を入力していきます。

Microsoft DesignerでGenerate Imageをクリックし、プロンプトを入力する画面

出典)Microsoft Designer

今回は、走っている犬の画像を作ろうと思い、「A running dog」と入力してみました。

するとこのように、プロンプトの続きをたくさん作ってくれました!

Microsoft Designerで画像を生成してもらうためにプロンプトを入力する画像

出典)Microsoft Designer

兼松洋輔

画像生成AIあるあるですが、基本的に英語で書いた方がクオリティが高いです!Deeplなどの翻訳ツールを使って簡単に翻訳してから入力すると良いと思います。

するとこんな感じで生成してくれました!

Microsoft Designerが画像を生成してくれたときの画像

出典)Microsoft Designer

ここにお気に入りがなかった場合、プロンプトを変えたり、またはそのまま「→」をクリックすると、新しい3枚を生成してくれます。

Microsoft Designerが新しい3枚の画像を生成してくれたときの画像

出典) Microsoft Designer

最後は「Select」をクリックしたら、画像の用意は完了です!

(2) 画像を追加する「Add Image」

AIを用いた画像生成を行わずに、自前の画像を選択することも可能です。

そんな時は、「Add Image」をクリックします。

Microsoft Designerで「Add Image」をクリックしたときの画像

出典)Microsoft Designer

このように、3種類選べます。

  1. From your phone(スマホ、iPhoneから)
  2. From this device(今使っているデバイスから)
  3. My media

「From your phone」を選択すると、QRコードが表示されるので、お使いのスマホでそのQRコードを読み取ることで、スマホに保存してある画像をアップロードすることができます。

兼松洋輔

あとは(1) 画像をAIで生成する「Generate Image」と同様です!

③ デザインを編集する

次に、デザインを編集していきます。

先ほどのように画像を追加して、「Generate」をクリックすると、このようにたくさんのテンプレートが生成されます。

Microsoft Designerで画像を生成するときのプロンプト画面

出典) Microsoft Designer

Microsoft Designerでさまざまなテンプレートを出してもらったときの画像

出典) Microsoft Designer

お気に入りのものを選んで、そのままでよければ「Download」、デザインをカスタムしたければ「Customiza design」をクリックします。

するとこのような画面になります。

Microsoft Designerでデザインをカスタムするときのデフォルト画面

出典) Microsoft Designer

基本的には、画面左側にある、ここを選択してデザインを編集することができます。

Microsoft Designerでデザインをカスタムするときの画像

出典) Microsoft Designer

(1) Templates

Templatesでは、先ほど選択した以外のテンプレートを見ることができます。

(2) My media

My mediaでは、デザインのデバイスへの保存や共有が可能です。

(3) Visuals

Visualsではさまざまな画像をデザインに追加することが可能です。

Visualsをクリックするとこのような画面になります。

Microsoft Designerで画像の追加をするときの画面

出典) Microsoft Designer

Photos」「Graphics」「Videos」ではそれぞれMicrosoft Designerが用意している画像、図形、短い動画を追加することが可能です!

今回は「Generate」を用いて、犬のイラストを追加してみました。

Microsoft Designerで犬のイラストを生成し、デザインに追加するときの画像

出典) Microsoft Designer

すると、こんな感じで追加できました!

Microsoft Designerで犬のイラストを追加したときの結果の画像

出典) Microsoft Designer

(4) Text

Textでは文字を追加することが可能です。パワポと同じような感覚ですね。

(5) Brand kit

Brand kitでは全体の雰囲気を変えることができます。

Brand kitをクリックすると、このような画面になります。

Microsoft DesignerでBrand kitをクリックしたときの画像

出典) Microsoft Designer

お気に入りのものを選択すると、このように好きな色調に変えることが可能です!

Microsoft Designerでデザインの色調を変えたときの画像

出典) Microsoft Designer

④ デザインを編集する2

画面上部にあるここからもデザインの編集をすることが可能です!

Microsoft Designerでデザインをカスタムするときの画像

出典)Microsoft Designer

「Replace」では画像を交換できたり、「Remove background」では背景を消すことができたり、全体の配置をここでは編集することが可能です!

このように左半分だった犬の画像を全体に引き伸ばすこともできます。

Microsoft Designerで左半分だった犬の画像を全体に引き伸ばしたときの画像

出典)Microsoft Designer

⑤ 画像を保存する

最後に編集した画像を保存するときは、画面右側の「Download」をクリックします。

Microsoft Designerで編集した画像を保存するときの画像

出典)Microsoft Designer



まとめ

今回はデザインや画像を生成AIを用いて作れるMicrosoft Designerの使い方をご紹介しました!

プレゼンのスライドに使えたり、メッセージカードに使えたり、いろんなところで実用的に使えるなという気がしました!

用途が分かりやすいのがいいところですよね。

画像生成のクオリティも高くて、感覚的に使いやすく、とっても実用的なツールですし、無料で使えるのでぜひ使ってみてください!

関連リンク

商用利用は可能?画像生成AI 『DALL-E2』の日本語での使い方/呪文/料金を紹介!

画像生成AI Midjourneyの使い方/プロンプト/料金などを紹介!

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。