ChatGPTプラグイン『photo realistic』の使い方!Midjourneyのプロンプトを生成!

photo realisticの公式ロゴマーク

画像出典:Photorealistic

この記事では最近公開されたChatGPTのプラグインについて紹介いたします。

§1 『Photo Realistic』の概要

Photorealistic』は画像生成AIの一つであるMidjourneyへの適切なプロンプトを考えてくれるプラグインです。

Midjourneyについてはこちらの記事で紹介しています。

そもそもプロンプトというのは、Midjourneyに対して作って欲しい絵の情報を伝える文章のことです。例えば、『青い花の絵を描いて』や『美しい村を描いて』などです。

ただ、実際にクオリティの高い絵を出力するには複雑なプロンプトを書く必要があり、 毎回適切なプロンプトを考えるのはかなりの手間です。そのため、実際にプロンプトを売買するサイトなども存在します。

しかし、この拡張機能を使えば欲しい画像のプロンプトを自動で生成してくれます。

ChatGPTにPhoto realisticプラグインでできることを聞いた際の回答画面

この画像はChatGPT自身にプラグインの使い方を聞いたものです。


§2 『Photo Realistic』の使用例

では、実際に使用してみましょう。

Photo Realisticに幻想的な画像を生成するためのプロンプトを作成させている画像

画像出典:ChatGPT

このように書きたい絵を簡単に伝えてください。

河津大誠

本来は『幻想的でカラフルな未来都市を描きたい』と書くつもりだったのですが、誤字ってしまいました…ただ、生成されたプロンプトを見る限りしっかり『未来都市』だと認識してくれているようで、この辺りは流石ですね。

日本語で出力されましたが、 Midjourneyを使う上では、基本的には英語の方がクオリティが高いので、英語に変換してみましょう。

出力されたプロンプトを、実際にMidjourneyに入力していきましょう。

MidjourneyにPhoto Realisticを用いて生成したプロンプトをコピペしている画面

画像出典:Midjourney

/imagine prompt』と入力してからプロンプトをコピペで貼り付けます。画像が出力されていますね。そのうち一つの画質を上げたものが以下の画像です。

Photo Realisticによって生成された画像

ものすごいクオリティですよね!正直かなり驚きです。

§3 DALL-Eでも使えるのか

では、 Midjourney以外でも、このプラグインによるプロンプトは効果的に使用できるのでしょうか。他の画像生成AIの中でも代表格である「DALL-E」を用いて検証してみました。

dalle-2によって生成された画像

先ほどの未来都市と全く同じプロンプトを用いてDALLEで出力した画像が上のものになります。そこそこのクオリティーではありますが、やはりMidjourneyより劣っていると感じます。このプラグインを使う際は、基本的にはMidjourneyに対して使うの良いでしょう。

§4 まとめ

今回はChatGPTのプラグイン『Photo realistic』について紹介しました。

このプラグインはMidjourneyのプロンプトを描いてくれるというものですが、そのクオリティーは非常に高く、このプラグインを使うことで、今までよりも容易に美しい画像を作れるようになるでしょう。ぜひ皆さんも使ってみてください。

また、MidjourneyとDALL-E以外の画像生成AIで試してみるのも面白いでしょう。

執筆者:河津大誠

関連記事

おすすめプラグイン5選

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。