【i2i】Midjourneyでイラストを写真風に!画像読み込みのやり方をご紹介!

§1 Midjourneyとは?

今回はMidjourneyの、画像を元に画像を生成する機能(i2i, img2img, image to image)の使い方についてご紹介いたします!

Midjourneyは画像生成AIの一つで、文章や画像から、自分の思い通りの画像を生成することのできるサービスです。例えばこのような画像を作ることができます!

midjourneyのi2i機能を用いて生成した画像

Midjourneyの使い方についてはこちらの記事で書いているので、合わせてご覧ください!


     🔼「AITech」がオススメする初心者〜上級者まで学べるAIスクールです!🔼

§2 画像アップロードの方法

Midjourneyでは、画像を読み込ませて、その画像のテイストを変えたり、モチーフを保ちながら全く違う画像にできたりする、image to imageという機能があります。

兼松洋輔

image to imageはi2iやimg2imgと訳されることもあるので覚えておいて下さいね。

今回は使い方をこの§2でご紹介します。§3では、イラストを現実の写真風にしてみたり、現実の写真をアニメっぽくしてみたので、そちらも合わせてご覧ください!

① 画像をアップロードする

midjourneyへの画像生成プロンプト入力欄

画像元) Discord

普段Midjourneyを使うDiscordを開きます。一番左の+ボタンを押します。

midjourneyのファイルをアップロードするためのボタン

画像元) Discord

上のファイルをアップロードを押して、画像をアップロードします。

今回は、無料フリー画像が手に入るpixabayの画像を使いました!

midjourneyのi2i機能を用いて無料フリー画像をアップロードする様子

画像元) Discord

このような画面になるので、送信します。

②画像から画像を生成する

送信された写真を右クリックします。

midjourneyのi2i機能を用いて画像生成を行う様子

画像元) Discord

リンクをコピーのボタンを押します。すると画像のリンクがコピーされます。

あとは、以下のプロンプトに従って、いつものように画像生成していきます!

Prompt/image prompt {画像のリンク}, {テキストのプロンプト(呪文)}

具体的に画像生成してみた結果については、§3でご紹介いたします!



§3 Image to Imageをやってみた!

以下では実際にi2iを用いて生成した画像と生成するためのプロンプト(呪文)を紹介していきます。

① 現実写真→アニメ風

元画像はこのような現実の鳥の写真です。これをアニメ風にしてみます。

midjourneyのi2i機能を用いて入力した現実風の写真

画像元) pixabay

使用したのは以下のプロンプト(呪文)です。

Prompthttps://s.mj.run/4x6LzK-QVGg, animetic, ethereal, – ar16:9 –v 5.1

こちらをテキスト欄に入力してi2iを行います。

midjourneyのi2i機能を用いて入力したアニメ風の鳥の複数の画像

画像元) Midjourney

左上の画像が良さそうだったので、保存してみました!

midjourneyのi2i機能を用いて入力したアニメ風の鳥の画像

②写生→立体

次は写生画像から立体的な画像をi2i機能を用いて生成した例になります。

midjourneyのi2i機能を用いて入力した馬の写生画像

画像元) pixabay

使用したのは以下のプロンプト(呪文)です。

Prompthttps://s.mj.run/eHanGC1VgPo, High-resolution, Vivid, Detailed, Lifelike, Realistic, Vibrant Colors, High-quality, Delicate, Rich Texture, Superior Contrast

midjourneyのi2i機能を用いて出力した馬の立体画像

③イラスト→現実写真

こちらはイラスト風の画像から現実の写真のような画像をi2i機能を用いて生成したものです。

midjourneyのi2i機能を用いて入力した山のイラスト

画像元) pixabay

Prompthttps://s.mj.run/j0Jq-QsSFok, Lifelike, High-resolution, 4K-quality, Detail-preservation, Realistic-coloring, Vibrant-coloration, High-quality-rendering, Delicate-balance, Rich-textures, Superior-contrast

このプロンプトだと何故か人の顔がたくさん出てきてしまいました。

midjourneyのi2i機能を用いて出力した現実風の写真

ここで、ChatGPTに、顔が出ないようなプロンプト作りをお願いしました!

chatgptに対してmidjourneyに適用するプロンプトを作成させている様子

画像元) ChatGPT

新しいプロンプト(呪文)は以下の通りです。

Prompthttps://s.mj.run/j0Jq-QsSFok, Scenic, Panoramic, Breathtaking, Majestic, Serene, Idyllic, Tranquil, Naturalistic, Picturesque, High-resolution, 4K-quality, Vibrant-coloration, High-quality-rendering, Delicate-balance, Rich-textures, Superior-contrast

midjourneyのi2i機能を用いて入力した現実風の山々

うまく反映されて、人の顔ではなく山の画像となりました!このように、追加でネガティブプロンプトなどを用いることで、修正することも可能です。

§4 最後に

今回は、Midjourneyで画像を読み込み、Image to Imageの画像生成をする方法をご紹介しました!いかがでしょうか!

個人的には、i2i機能を用いることでテキストプロンプト(呪文)のみを用いる場合よりも、理想に近い画像を出力してくれるように感じました。

Midjourneyのプロンプトの書き方などについても記事を書いているので、ぜひご覧ください!

Midjourneyプロンプト一覧(呪文)!書き方のコツを画像の例を用いて解説!

執筆者;兼松洋輔

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。