Duet AIは日本語で使える?VS Codeでの使い方や料金について紹介!

本記事では、Google のAI支援アプリケーション 「Duet AI for Developers」についてご紹介します。このツールでは主に、コードの生成や手直し、解説などを行うことができコーディング業務の補助をすることができるのです。

コーディング作業においてコードを1から書いたり、大量のコードの中から不具合を発見することは非常に労力が必要な作業であり長い時間を要することもあります。そのため、このような補助ツールがあることで長い作業時間を大きく短縮することができる可能性を秘めているのです。

1章「Duet AI for Developers」の概要と始め方

1-1「Duet AI for Developers」の概要

Duet AI はGoogle Cloudで使うことのできるAI支援ツールです。主にコーディングの補助をしてくれます。以前このサイトで紹介したGitHub Copilotと同じような役割のツールですね。(GitHub Copilotの記事はこちら

Duet AIの実際の機能として以下のようなものがあります。

  • AIコードアシスタンス

コードの生成や修正を行います。Java、JavaScript、Pythonをはじめとした20以上の言語に対応しています。

  • 自然言語チャット

コーディングに関する質問をチャット形式でAIに質問することができます。

  • トラブルシューティング

アプリケーション内でエラーが発生した場合に、AIがログを要約してエラーを説明してくれます。

1-2「Duet AI for Developers」の始め方

それでは、Duet AIの始め方を紹介していきたいと思います。

①公式サイトを開く

初めに公式サイトを開きます。

Duet AIの公式サイトの画像

画像出典Google

画面の「今すぐ試す」をクリックして次の画面に進みましょう。

Duet AIにサインアップするための画面

画像出典Google

こちらのページではDuet AIについての説明が書かれています。Duet AIを利用するためにはまずGoogle Cloudを使えるようになる必要があります。画面右上の「無料で利用開始」をクリックしましょう。

Google Cloudのアカウントの設定、クレジットカードを入力する画面

画像出典Google

Googleアカウントを選択すると支払い情報などを入力する画面に移ります。初めにアカウントが「個人アカウント」「ビジネスアカウント」のどちらであるかを調べます。ビジネスアカウントでは複数のユーザーを設定することができます。

Google Cloudでアカウント情報やアンケートを回答する画面

画像出典Google

上の画像のようにGoogle Cloud利用に関するアンケートがあるので自分に当てはまるものを選択して回答しましょう。回答の内容についてはそこまで真剣に悩む必要はないかと思われます。

以上でGoogle Cloudの登録は完了です。

Duet AIはVisual Studio Code上で使うことができます。そのため次にVisual Studio Codeでのセットアップを行います。

初めにVIsual Studio Codeの拡張機能の中から「Google Cloud Code」をインストールしましょう!

VS Codeの拡張機能画面

画像出典VS Code

「Google Cloud Code」は「duet AI」と検索することで1番上に表示されるはずです!

インストールが完了したらVisual Studio CodeとDuet AIを連携させましょう。

VS CodeでDuetAIを使うセッティングの画像

画像出典VS Code

上のような画面が出てくるのでチェック欄を埋めていきましょう。2つ目のチェック欄に「You must connect with Google Cloud to set a project」という文言があります。この中の青くなっている部分をクリックするとブラウザに移動し、Google Cloudと連携することができます。

VS CodeとGoogle Cloudが連携できたことを示す画面

画像出典Google

この画面が表示されれば無事連携が完了したことがわかります。

VS Code上でのDuet AIが使えることを確認できる画面

画像出典VS Code

Visual Studio Code上でも画面下の部分に上の画像のように「Duet AI」という表記がなされるようになります。これでDuet AIが使えるようになりました。

Duet AIがVS Code上で正常に動作していない状態

画像出典Duet AI

このように「Duet AI」の欄が赤くなっている場合には連携に何らかの問題が生じているのでプロジェクトを作り直すなどの対策を講じる必要があります。

2章「Duet AI」の使い方

Duet AIを使うための準備が整ったということで、早速「Duet AI」を使っていきましょう!

2-0Duet AIは日本語で使える?

現時点でDuet AIは日本語に対応していません。そのため、コードの指示は英語で行う必要があります。注意しておきましょう。しかしながら、2023年に開催された「Google Cloud Next Tokyo ‘23」というイベントにて2024年に日本語対応することが発表された様です。今後は使える様になるかもしれません。

2-1コードの生成

Duet AIにコードを生成してもらいましょう。コードの生成をしてもらうために特別な操作は特に必要ありません。

コードの始めにコメントアウトでどの様なコードを作りたいかを記入しましょう。

さらにDuet AI、指示を正確に伝えるのが非常に難しいです。筆者もいくつかDuet AIに実際に指示を送ってみましたがある程度詳しく説明をしないと

Duet AIに指示がうまく通らない時の画像

画像出典VS Code

このような文言が出て動作をしてくれません。

指示を書く際には「どの様なものを作りたいのか」「何を用いるのか」をなるべく具体的に書くと通りやすいです。

VS CodeでDuet AIに指示を出している画像

画像出典VS Code

上の画像の例では、weatherapi.comを使って天気予報を見れるウェブサイトを作りたいという指示を出しました。Macユーザーの場合「^(control)+enter」でDuet AIに指示を送ることができます。

Duet AIがコードを予測変換の様に出力している画面

画像出典VSCode

うまく指示が通ると上の画像の様に、予測変換の様にコードを生成してくれます。このコードを実際に使用する場合にはtabキーを押します。

操作方法自体は簡単ですが、プロンプトに少し工夫が要ることがわかりました。

2-2コードの解説

次にコードを解説してもらう方法をご紹介します。コードは先ほどDuet AIに生成してもらったものを使います。

コードを解説してもらう範囲を選択している画像

画像出典VSCode

解説してほしいコードを範囲選択します。すると上の画像のように豆電球のマークが現れます。これをクリックしましょう。

豆電球のマークをクリックした上で出てくる選択肢

画像出典VSCode

この様に「Generate code」「Explain this」「Generate unit tests」をの3つの選択肢が現れます。今回はコードを解説してほしいので真ん中の「Explain this」を選択しましょう。

Duet AIに関数を解説してもらった結果の画像

画像出典VSCode

この様にコードを解説してくれました。

3章「Duet AI for Developers」の料金

Duet AI for Developersは2024年の2月1日まで無料で使うことができます。それ以降は月額19ドルで使うことのできるとのことです。そのため、無料期間のうちにDuet AIを使って料金に見合った機能であるかを見極めることもできると言えます。

Duet AI for Developersの料金

画像出典Google

少しでもDuet AIに興味が湧いた方は早めに利用されることをお勧めします。

4章まとめ

今回はコーディング作業を補助してくれるAIツールであるDuet AI for Developersについてご紹介しました。的確に指示をすることができれば作業効率を大幅に向上させることができる可能性を感じました。多くの人が使っているVS Code上で使うことができるというのも非常に便利ですね。

先ほど述べたように2月1日までは無料で使うことができるのでぜひ使ってみてください。

 

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。