ChatGPTのアイデア考案やビジネス利用などの活用事例を業界別に紹介!

ChatGPTの活用事例を業界別に紹介!

みなさんは「ChatGPT」を使用したことはありますか?2022年11月にOpenAI社から公開され、新技術として大きな話題になりました。

このChatGPTは、LLMと呼ばれる自然言語での会話が可能なAIであり、まるで人と話してるかのようにチャットをすることができます。さらに、2023年3月には、従来のGPT-3.5の進化版GPT-4が登場しました。GPT-3.5に比べて、より自然な受け答え、正確な回答ができるようになりました。

しかし、聞いたことはあるけど使ったことは少ない…、なんて方が多いのではないでしょうか。それもそのはず、なんと日本でのChatGPT導入率はわずか10%なのです。

⇨ChatGPTについて詳しくはこちらの記事をご覧ください

その原因として、一般的に便利なのは分かるが、自分の仕事や日常でどう活用出来るのかわからないことが挙げられるかと思います。

そこで今回の記事では、ChatGPTをカスタマイズし、業界特化で利用されている活用事例をご紹介します。

目次

1.教育

1.1【ビジネスAI英語学習アプリ】Loop English

トレンド動画を使って、あなたの英語を実生活で使えるレベルに!

Loop Englishを使えば、AIが選んだ150000以上の単語を、300000以上のトレンド動画を通して学ぶことができます。

これまでたくさんの時間をかけて英語を勉強したきたにも関わらず、実際に英語を話せない人が多いのではないでしょうか。
これまで学んできた試験のための英語から、使える英語の勉強を目的として作られたのが、Loop English。
未知の単語との出会いから、実際に英語を使えるようになるまでに必要な3ステップ、調べる・まとめる・使うを同時にできます。

AIとChatGPTの力を合わせることで、一人一人の興味や関心、英語力に合わせた単語を提案。その単語をトレンド動画で学ぶことで、ネイティブスピーカーのような使える英語として勉強できます。

POINTそれぞれの生活に合わせた英語を使えるようになれる!

 

1.2【人工知能AIと会話ができる】相棒チャットくん

LINEで手軽に!チャットや電話でAIと会話することができます!

会話内容はなんでもOK!に関する質問や専門的な質問、受験・資格勉強などの勉強全般のことはもちろん回答してくれます。

さらに、英語・中国語・韓国語などの外国語で会話をすることもできます!話す機会に恵まれていなくても、相棒チャットくんがいればいつでも相談できます。
しかも、自分好みの相棒にカスタマイズすることもできます。名前、アイコン、声、口癖などを自由に設定して、オリジナルの相棒に

POINTLINEでオリジナルの相棒に勉強の相談ができる!

 

1.3【4人の同僚に相談しよう】バーチャル職員室

ここで教える側の先生向けのChatGPTをご紹介!

このバーチャル職員室には、学習指導・生徒指導・保護者対応・先生のメンタルヘルスを得意とする4人の先生がいます。

それぞれの先生に話しかけてもいいですし、漠然とした質問をしても4人の誰かが答えてくれます。なかなか相談できない学校のことを、気楽に相談してみてください。

POINT学校での先生の悩みを相談できる!

 

1.4【先生の心に寄り添う】先生のためのカウンセラー

先生向けのChatGPT第2弾!

先生のためのカウンセラー、忙しい先生方の心に寄り添ってくれます。

LINEで簡単に相談することができます。、他の先生方には相談することができない、誰に相談したらいいのかわからない、そういった先生方のお悩みを相談してみては。

POINTLINEで学校での先生の悩みを相談できる!

 

 

2.育児

2.1【育児記録アプリ】colone

「colone」を使えば、赤ちゃんの授乳量、睡眠時間や1日のスケジュールのプランニングなど、なれない育児の相談をなんでもすることができます!さらにスムーズな育児記録と睡眠の専門家のサポートで、子供との時間を楽しい時間にすることができます。

24時間、365日、お悩みに合わせて即時で育児の専門家からのアドバイスを聞くことができます。

NPO法人赤ちゃんの眠り研究所の清水悦子先生のアドバイスを学習することにより、悩みに対して子育てへの正しいアドバイスを行います。

POINTいつでもなんでも育児の相談ができる!

 

2.2【異次元の肯定能力】デヴィ夫人AI

デヴィ夫人AIが、生活のあらゆる疑問や悩みに対して、鋭いアドバイスをしてくれます。AI技術を駆使することで、一人一人に最適なアドバイスを送ってくれます。

特に恋愛相談、子育ての悩み、人生相談といった分野において、デヴィ夫人の豊かな経験と知識を感じることができるでしょう。

POINTあのデヴィ夫人と話せる!!

 

2.3【子育て中の悩みに】プチAI相談さん

ChatGPTと連携したLINEチャットボット「プチ相談AIさん」は、相談や愚痴、ちょっと誰かに吐き出したいようなことなど、日常的なことをなんでも相談できるチャットボットです!特に子育て中に悩みを抱えるママ・パパが気軽に相談できます。

プチ相談AIさんが友達のように受け止め、励ましてくれます。日々の雑談にも活用可能で、LINEですぐに相談できます

POINTLINEで子育て中の悩みを話せる!

 

 

3.経理

3.1【与信管理をサポート!】AI新規取引アドバイザー

経営者向けのChatGPTをご紹介!

専門知識がない人でも、AI新規取引アドバイザーを使えば安心して新規取引を始めることができます。

企業調査会社のノウハウをもったAI新規取引アドバイザーが、取引先の情報収集、業界分析をし、稟議書作成のアドバイスまで一括で行ってくれます。

AI新規取引アドバイザーを導入すれば、れまで属人的だった企業調査業務を標準化し、新規取引の与信管理を手軽に実施できます

POINT安心かつスピーディーに与信管理を標準化!

 

3.2【補助金申請手間いらず】補助金サポーター for GPTsビジネス

補助金を使ってみたいけど、どうしたらいいかわからない…。そんな人向けのChatGPTが補助金サポーター!

使いたい補助金や事業概要、業種・業態を入力すると、補助金ごとの具体的な活用事例をユーザーに提案してくれます。初めての補助金申請で何から確認すべきか分からなくても、安心して補助金を申請できます。

AIが集めた補助金ごとの採択事例を元に、補助金採択のポイントとなる、事業の目的や審査観点に沿った事業計画書を提案してくれます。補助金サポーターを使うことで、補助事業計画作成の時間や手間を大幅に削減することができます。

POINT初めてでもそれぞれにあった補助金申請ができる!

 

4.ビジネス

4.1【広報・PRの家庭教師AI】まゆみ先生

まゆみ先生がいれば、広報・PR活動における疑問や悩みを、専門的な知識を基に解決してくれます。
それもそのはず、まゆみ先生は、長年の広報・PR経験をした広報専門家の知識と、各種PRデータをもとに作られたAIなのです。
広報のプロに相談することができ、的確なアドバイスを受けることができます。

人手不足な広報・PR部署の相談役やアシスタントなどのパートナーとしてはもちろん、これまでの広報・PR業務を標準化することが可能です。

POINT学報・PR業務の即戦力が手に入る!

 

4.2【AIライティングツール】らいたー君

「らいたー君」は、最新のGPT-4を使用したAIライティングツールです。

タイトル作成や本文執筆、画像挿入、リンク作成などの作業なしで、1クリックで記事を作成できます!

Google検索上位を参考にした記事作成し、画像も自動で挿入! WordPressにも対応しており、長文記事をスピーディーに作成することができます。さらに、キーワード入力だけでSEOに最適化された文章を生成してくれます。

POINT簡単に高品質な記事が書ける!

 

4.3【Z世代向けのマーケティング施策のヒントに】Z世代マーケティング研究会

Z世代マーケティング研究会では、Z世代をターゲットとしたマーケティング戦略やキャンペーンを計画してくれます。デジタルネイティブのZ世代特有の消費行動や価値観をAIが学習し、彼らの興味を惹きつけるための新しい手法やアプローチを提案してくれます。

POINT流行をつくるZ世代特化のマーケティングができる!

 

4.4【気候変動対策をビジネスチャンスに】Eco advisor

「Eco Advisor」は、大企業だけでなく中小企業の経営者に向けて、具体的で実践的な気候変動対策を提案してくれます。

国際的な気候行動の強化や気候変動問題意識の高まり、投資・資金調達の機会、技術革新と市場機会など、気候変動により生じる問題に対応したビジネスモデルへの転換を促進するための計画を提案してくれます。

さらに、業界や規模、所在地、予算など、質問された項目に答えるだけで、カスタマイズされた実践的なアドバイスをもらうことができます

POINTそれぞれ環境に対応した戦略を提案してくれる!

 

4.5【AIプラットホーム】AIone

「AIOne」は、誰でも使うことができるPC・スマホ対応クラウドAIプラットフォームです。

GPT-4 、ChatGPT、Bard、Stable Diffusion (画像生成AI)の4つのAIを搭載しています。馴染みのあるチャット形式で誰でも簡単にAIを使うことができます。

複数人で利用できるチーム機能も搭載しており、チャットルーム形式により複数人でAIを活用することができ、会議やプレゼン、打ち合わせでも使うことができます。
さらに、クラウドサービスのため、PCやスマホなどどんなデバイスでも使うこと、履歴の保存をすることが可能です。

POINTAIを簡単に導入できる!

 

5.接客

5.1【自社LINE公式アカウントやWebチャットボットで利用可能】AIone Chatbot

「AIOne Chatbot」を使えば自社専用AIを簡単に導入することができます!

CSVやWebサイト等のデータを元に自社が保有する自社商品、Q&Aデータ等を最新AIに簡単学習させ、ローコード、ローコスト、エンジニア不要で簡単にLINE公式アカウント、ウェブサイト、SMSで利用可能な自社専用AIを導入することができます。

POINT自社専門のAIチャットボットを手軽に導入できる!

 

5.2【マンション管理人向け】Chat管理人 powered by GPT-4 LINE版

Chat管理人を使えば、24時間365日、住民のお問い合わせにすぐに対応することができます。GPT-4を活用したAIにより、顧客対応業務を大幅に軽減し、人手不足問題の解消や教育・研修コストの削減が可能です。

さらに居住者は、アプリをインストールしたり、新規ID作成するなどの必要なく、手軽にChat管理人の利用を始められます。LINEアプリ上でサービスへのアクセスや通知を受け取ることができ、居住者も簡単に問い合わせをすることができるようになります!

POINT管理人も、居住者も簡単に問い合わせができる!

 

5.3【接客オートメーションサービス】BOTCHAN

「BOTCHAN AI」は、自社データ×AI×人を組み合わせることでオンライン接客の業務を効率化することができ、消費者のブランド体験を向上させることができるAIです。

ユーザーが問いかけやすいデザインと、AIによる質問への迅速な対応により、サイレントユーザーの購買体験を支援することができます。

POINT手が届かない顧客にもアプローチすることができる!

 

5.4【宿泊事業者向けの情報発信&コミュニケーションツール】Kotozna In-room

「Kotozna In-room」を使えば、問い合わせ対応やチェックイン時の案内などの業務を軽減することができます。

ゲストは客室に設置されたQRコードをスキャンすることで、様々な情報を自身のスマートフォンを経由して得ることができますアプリのダウンロードが不要な点も魅力です。これまで紙面で案内されていた情報のほとんどをデジタル化し、印刷コストの削減、紙資料の修正や更新の手間と差し替え業務を軽減します。さらに109の言語にも対応しており、言語の壁を感じることのないスムーズな接客が可能になります。

POINT宿泊施設運営を効率化することができる!

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。