Stable Diffusionの髪型や髪色に関する呪文(プロンプト)一覧!

Stable diffusionは自分がイメージした画像の内容を表現した文章(呪文やプロンプトと呼ばれる)を入力することでAIが自動で画像を生成する、オープンソースの画像生成AIサービスです。

画像はリアル系からイラスト系、アニメ系と幅広く編集が可能で、ソースコードや学習済みの機械学習モデルは無償で公開されているため、初心者〜プロと幅広い層で活用することができます。

ただ、イメージ通りの画像を生成するには、適切な呪文(プロンプト)を用いる必要があります。

この記事では特に髪型に関する呪文(プロンプト)に焦点を当てて紹介します。

Stable Diffusionで用いる呪文全般についてはこちらの記事を参照ください

第1章 Stable diffusionで髪型を生成するには

Stable diffusionでは、生成した画像の人物の髪型や髪の色をさらに変えたい時にプロンプト(呪文)を追加入力することでその特徴を持った人物に再生成することができます。

基本的には、プロンプトとネガティブプロンプトを入力し、生成を繰り返しながらイメージに合った画像を作り出していきます。

第2章以降でプロンプト(呪文)の入力例をご紹介しています。

例えば、Dream Studio経由でStable diffusionを利用する場合は、下記のような「Prompt」の枠に、自分でイメージする髪型や髪の色を単語で入力し、「Negative prompt」に除去したい単語を入力します。

Dream Studioのプロンプト入力欄

画像出典:Dream Studio

実際の画像生成の例

画像出典:Dream Studio

プロンプトを入力するにあたっては、絶対に外せない髪型や髪色などを先頭に持っていくようにします。

その他、クオリティの高い画像生成をするには下記のことを意識しましょう。

  • 単語と単語の間には「,」を入れます。
  • 画像生成をする際に、トークン数が表示されますが、75個以上にはならないようにしましょう。(「,」も1個でカウントされます)

逆を言えば、75個までの単語を入力し指示することが可能です。(75個以上も入力できますが、思ったように生成されないことが生じやすくなります)

  • 強調したいプロンプトは()を使うと強調して指示を出すことができます。
  • 細かく除外しながら質を良くしていくには、ネガティブプロンプトを上手く利用するようにしましょう。

髪型や髪色に合わせて服装や衣装を設定することで、さらにクオリティーの高い画像が完成することができます。

服装や衣装の設定も髪型などと同じようにプロンプトやネガティブプロンプトを入力することで変えていくことができます。

第2章 髪型に関する呪文(プロンプト)一覧

Stable diffusionの画像の髪型をどのようなプロンプトを入力することで変えることができるのかご紹介します。

髪型

プロンプト(呪文)意  味
straight hairストレートヘアー
ponytailポニーテール
braid hair三つ編み
twintailsツインテール
pompadourリーゼント
Mohawk haircutモヒカン

髪の長さ

プロンプト(呪文)意  味
absurdly long hairお尻よりも長い髪
shoulder length肩までの長さの髪
buzz cut坊主頭
slicked back hairオールバック
disconnected undercutサイドとアンダーを短く

刈り上げたツーブロック

mushroom cutマッシュヘア

前髪

プロンプト(呪文)意  味
blunt bangsぱっつん前髪
foreheadセンター分け
No bangs前髪なし

アレンジをした髪型

プロンプト(呪文)意  味
messy hairくせ毛
curi inside hair内巻き毛
ringletsリングレット
flipped hair外はね
hair bunお団子頭

髪型変更前のStable Diffusionの画像

上のモデルを下記のプロンプトを入力してみます。

  • プロンプト入力例:anime,straight hair,absurdly long hair,No bang

髪型変更後のStable Diffusion画像

第3章 髪の色・髪質に関する呪文一覧

髪の色

プロンプト(呪文)意  味
black hair黒髪
blonde hair金髪
copper hair赤茶色
colored inner hairインナーカラー
two-tone hairツートンカラー
gradation color hairグラデーションカラー

髪質

プロンプト(呪文)意  味
coarse hair硬い髪質
thin hair細い髪質
fine hair猫っ毛
silky hairすべすべとした艶のある髪質
messy hairぼさぼさの髪、癖毛
wet hair濡れ髪

ここまでの髪型で画像生成をしてみます。

Stable Diffusionで生成した髪型変更前の画像

上のモデルに下記のプロンプトを入力し画像生成をしてみます。

  • プロンプト入力例:anime,straight hair,shoulder length,gradation color hair,blunt bangs,blue hair,pink hair,silver hair

Stable Diffusionで生成した髪型変更後の画像

第4章 Stable diffusionで髪を編集する時の注意点

大きな注意点として、髪の色が服装や衣装の色に移る場合があります。

例えば、髪の色を赤くしたら持っていたバッグまで赤くなったりすることがあります。

そのような問題が起きた際の対処法をお伝えいたします。

  • プロンプトに入力する際に白色など薄い色は前半に、黒や赤など濃い色は後半部分に配置する
  • 「BREAK」という単語をプロンプト内に入力する

   例:long hair, BREAK, office, BREAK, suit,

  • {}を使い強調することで色移りを防ぐ

   例:{white shirt}{blue skirt}

  • 他の要素(服装や衣装、小物など)にも色の指定をする

上記の手段を組み合わせることで、明確に色の気分を行うことが可能です。

まとめ

本記事を通して、Stable Diffusionを利用して様々な髪型や髪の色を持つ人物の画像を生成する方法について解説しました。

髪型から髪の色、さらには髪質に至るまで、多彩なプロンプト(呪文)の入力例を紹介し、それぞれの意味や効果を詳しく説明しました。また、生成したい画像の質を高めるためのテクニックや、色移りを防ぐための対処法についても紹介しました。

Stable Diffusionの魅力は、ただリアルな画像やイラストを生成するだけでなく、ユーザーが具体的なイメージを「呪文」として入力することで、その想像を形にすることができる点にあります。

これからStable Diffusionを利用するにあたっては、本記事で紹介したプロンプトの入力方法を参考にして頂きながら、さらに独自の試行錯誤を加えてみることが重要です。例えば、オープンソースとして提供されているため、技術的な知識がある方はソースコードや学習済みのモデルをカスタマイズすることで、更に個性的な画像生成が可能です。

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。