SEOに強いAIライティングツール「トランスコープ(Transcope)」の使い方と料金をご紹介!

Transcope(トランスコープ)のホーム画面

画像出典:Transcope(トランスコープ)

皆さんはブログやオウンドメディアの運営をされておりますでしょうか?

AIライティングが話題となって久しいですが、実際にAIを活用して独自性のある質の高い記事を執筆するのは容易ではありません。

そこで今回紹介するのが、URL読み込みやデータ学習などを活用して独自性のある記事の執筆が可能な「トランスコープ(Transcope)」です。

SEOに強いAIライティングツールならトランスコープ

SEOに関連した記事も多数搭載されており、ブログ運用には最適なツールです。では「トランスコープ(Transcope)」について詳しく紹介していきます。

第1章 「トランスコープ(Transcope)」の概要と特徴

「トランスコープ(Transcope)」とは?

トランスコープ(Transcope)」は、SEOに特化したAIライティングツールで、OpenAI社の最新APIであるGPT4を利用しています。

GPT4はChatGPTの有料版にも搭載されているAIで非常に性能が高いと評判です。

トランスコープ(Transcope)」は、ユーザーが入力したキーワードやURLを基に、高品質なコンテンツを自動生成することができます。

「トランスコープ(Transcope)」の特長

トランスコープ(Transcope)」の最大の特徴は、競合サイトの分析を基にした高品質なコンテンツ生成能力です

Transcope(トランスコープ)で競合分析を行う画面

画像出典:Transcope(トランスコープ)

競合分析をURLをもとに行うことができるためリサーチにかかる時間が大幅に削減されます。

画像やCSVファイルからのコンテンツ生成機能も備えており、実際のデータをもとにした記事の執筆も可能です。

「トランスコープ(Transcope)」で学習可能な情報の一覧

画像出典:Transcope(トランスコープ)

さらに、多言語対応やマルチモーダルAIを利用したライティングも可能で、幅広い用途での使用が期待できます。

これらの特長により、Transcopeは通常のライティングAIとは異なる独自性を持っており、ありきたりな文章ではなく根拠に基づきSEOにも対応した文章を生成することが可能となっているのです。

その他にもキーワード選定や、文字起こし機能などSEOに関わる様々な機能が搭載されています。

第2章 「トランスコープ(Transcope)」の使い方

アカウントの設定とログイン

Transcopeを使用するためには、まず公式ウェブサイトにアクセスしてアカウントを作成する必要があります。(リンクはこちら)

Transcope(トランスコープ)のホーム画面

画像出典:Transcope(トランスコープ)

今すぐ無料で始める」をクリックし、Googleアカウントやメールアドレスを使用して登録します。

Transcope(トランスコープ)のダッシュボード

画像出典:Transcope(トランスコープ)

ログイン後、ダッシュボードにアクセスし、様々な機能を利用することができます。

「トランスコープ(Transcope)」の機能一覧

①コンテンツ生成

「トランスコープ(Transcope)」のコンテンツ生成画面

画像出典:Transcope(トランスコープ)

コンテンツ生成は1000文字未満の文章を生成する場合に利用できます。

まずは、基本情報を入力します。コンテンツ生成の元となる情報にはフリーテキスト・URL・画像・Google検索・CSVファイルが利用できます。

次に、希望する文章の雰囲気、文字数、提案数、言語などのオプションを選択します。

出力形式は文章・キャッチコピー・HTMLから選択可能です。

これらの情報を基に、AIが自動でコンテンツを生成します。生成されたコンテンツは、ユーザーが目指すSEO目標に合わせて最適化されています。

また、ユーザーは生成されたコンテンツをプレビューし、必要に応じて調整やカスタマイズを行うことができます。

②ドキュメント生成

ドキュメント生成は1000文字以上の文章を生成する場合に利用できます。

「トランスコープ(Transcope)」のドキュメント生成機能

画像出典:Transcope(トランスコープ)

「自分で作成する」「AIにお任せする」から選択できます。

基本的にはAIライティング機能を使用できる「AIにお任せする」を選択すると良いでしょう。

「トランスコープ(Transcope)」の構成決定画面

画像出典:Transcope(トランスコープ)

AIにお任せする」を選択すると上記のように、キーワードやURLを用いた競合分析結果を元に、見出し構成を決める画面へと遷移します。

河津大誠

個人的にはこの競合分析を元にしたライティング機能が「トランスコープ(Transcope)」の最も使いやすい機能です!

競合リサーチの時間が短縮されると共に、既存の記事を元にAIライティングを行えるため記事の質が通常のAIライティングよりも格段に上がります。

また、タイトルごとに希望文字数を微調整できるのも良いですね!

構成を決めたらドキュメントを生成しましょう!(5分ほどかかります)

「トランスコープ(Transcope)」で生成した記事

画像出典:Transcope(トランスコープ)

上記のように記事の形式で文章が生成されました。

③リライトとカスタマイズ

Transcopeで生成されたコンテンツやドキュメントは、AIによる校正やカスタマイズが可能です。

具体的には以下のような操作が可能です。

  • アイキャッチ画像の生成
  • 文章全体の自動リライト
  • 内部リンクの提案
  • 誤字脱字チェック
  • コピペチェック
  • 薬機法チェック

ただし、リライト以外は有料プラン限定機能である点にご注意ください。

④キーワード選定

「トランスコープ(Transcope)」ではキーワード選定も自動で行うことができます。

「トランスコープ(Transcope)」のキーワード選定画面

画像出典:Transcope(トランスコープ)

どの情報を元にして選定するかは3つに分かれます。

まずは、キーワードを元にする方法です。対策したいキーワードを入力すると、AmazonサジェストやGoogleサジェストなどのデータを基に、他にも対策したほうが良いと考えられる類似の対策キーワードを提案してくれます。

次に、URLを元にする方法です。設定画面から連携したウェブサイトと、競合サイトの対策キーワードを比較することで、競合が対策しているが自社では対策していないキーワードを洗い出すことができます。

最後にGoogle Search Consoleを元にする方法です。Google Search Consoleはサイトのオーガニック流入を図るツールです。

Search Consoleと連携することで、タイトルや見出しには存在しないが、一定アクセスのあるキーワードを未対策キーワードとして抽出することができます。未対策キーワードをタイトルや見出しに含んだ記事を作成することで、アクセス数を更に伸ばすことが可能です。

⑤検索順位調査

「トランスコープ(Transcope)」の検索順位調査ツール

画像出典:Transcope(トランスコープ)

「トランスコープ(Transcope)」では検索順位の調査も可能です。

⑥音声文字起こし

「トランスコープ(Transcope)」には音声文字起こし機能が備わっています。

画像出典:Transcope(トランスコープ)

「トランスコープ(Transcope)」には音声文字起こし機能も備わっています。

インタビュー記事の執筆などの際に非常に便利ですね!

上記のように「トランスコープ(Transcope)」には様々な機能があり、このツール一つで執筆からSEO調査まで、ライティングに必要な操作をすべて行えるようになっています。

河津大誠

実際に記事を書く身からしても忖度なしで非常に便利なツールだと感じています。

第3章 「トランスコープ(Transcope)」の料金

料金プランの概要

Transcopeは、ユーザーのニーズに応じて様々な料金プランを提供しています。それぞれのプランを表形式で比較していきます。

FreeBasicProEnterprise
月額料金0円11000円38500円66000円
月間生成可能文字数4000文字50000文字250000文字600000文字
機能制限ありなしなしなし
検索順位調査3ワードまで10ワードまで100ワードまで1000ワードまで
競合分析3回まで無制限無制限無制限
内部リンク提案なし月3回まで無制限無制限
文字起こし5分まで無料5分まで無料5分まで無料5分まで無料

最も基本的なのは無料プランで、これには基本的なコンテンツ生成機能が含まれています。

次に、Basicプランがあり、月額11,000円でより高度な機能が利用できます。さらに、Proプランは月額38,500円で、より専門的な機能が追加されます。最上位のEnterpriseプランは月額66,000円で、大規模なビジネスや高度なコンテンツ生成ニーズに対応しています。これらのプランは、ユーザーが自分のビジネスやプロジェクトの規模に合わせて選択することができます。

基本的に、月に10記事以上執筆する場合はProプランを選択すると良いでしょう。

第4章 おすすめの活用方法とまとめ

では、実際にブログ運営を行う上で「トランスコープ(Transcope)」をどのように活用するのが良いのでしょうか?

ロングテールキーワードがおすすめ

「トランスコープ(Transcope)」の何よりも大きな利点はその速度です。

通常は数時間かかる記事の執筆をほんの数分で終えることができます。

そこで、この執筆速度という強みを生かした活用方法が、「ロングテールキーワードを選定し、それに適した記事を書きまくる」です。

ロングテールキーワードとは、一般的に3語以上の言葉で構成される、特定かつ具体的な検索クエリのことを指します。これらのキーワードは、しばしば検索ボリュームは低いものの、特定のニッチなトピックや特定のユーザーの意図に合致しているため、高いコンバージョン率を持つことが特徴です。

このロングテールキーワードは膨大な数存在するため、人力で網羅するのはほぼ不可能です。

そこで、AIライティングツールである「トランスコープ(Transcope)」を活用し、ロングテールキーワードに合致した記事を数多く執筆するというのが効率的な使い方だと考えられます。

「トランスコープ(Transcope)」は学習次第で通常のAIライティングツールよりも精度の高い記事が執筆可能なので、ロングテールキーワードであれば十分SEO流入を獲得できるかと思います。

ビックキーワードに活用可能?

ではボリュームの大きいキーワードに活用できないのかというとそんなことはありません。

使い方次第かと思いますが、自分は「下書きをトランスコープ(Transcope)で構成し、人力で情報を加えていく」という方法をお勧めします。

ビックキーワードでは、競合のコンテンツの質も高いため、より独自性のある情報が必要とされます。そこで「トランスコープ(Transcope)」の競合分析機能を活用して網羅性を上げた下書きドキュメントを作成し、そこに独自の情報や画像を加えていくという使い方が最もお勧めです。

下書きを作成するだけでも記事の執筆時間は半分ほどに削減可能なので十分効果的であると言えるでしょう。

まとめ

以上をまとめると、「ロングテールキーワードの記事執筆を自動化しつつ、ビックキーワードの記事の時間も削減する」という使い方が最も効率的かと思います。

コピペテック機能やリライト機能もついているため、すでに作成している記事のも活用できる点も便利ですね!

ブログやオウンドメディアを運営されている方はぜひ一度利用してみてください!

執筆者:河津大誠

「AITech」では‘内部から生成AIを使ってDXを進める人材を育てる研修サービス’事業を行なっております。

サービス詳細資料はこちらからダウンロードください。

    この記事は役に立ちましたか?

    もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。