ブログ、SNS運用を効率化!Cohesive AIの使い方/料金/ChatGPTとの比較も

この記事は、ブログ作成やツイート生成など、用途別の文章の生成を行える『Cohesive』について紹介します。実用に特化したAIであるため、業務の効率化に非常に役立つツールとなっています。

§1 『Cohesive AI』の概要と使い方

概要

Cohesive AI』はWeb広告やSNS投稿、プレゼン文章作成から事務作業の短縮まで、文章作成に関わるあらゆる作業の効率化を可能とするツールです。

具体的には、多くのテンプレートの中から、使いたい機能を選択するという形式で、自分の目的に合わせた文章を短時間で制作することができます。また、SEOを考慮したり、タグ付けなども行ってくれるなど、それぞれの用途に特化している点も魅力的です。また、スマホでの利用も可能です。

使い方

公式サイトにアクセスリンクはこちら

画面右上の『Sign up it’s free』のボタンをクリックしてGoogleアカウント、もしくはメールアドレスで登録する

cohesive aiのホーム画面

画像出典:https://cohesive.so/

cohesive aiのアカウント登録画面

画像出典:https://cohesive.so/

Googleアカウントで登録する方は『Continue with Google』 メールアドレスで登録する方はその下の欄にメアドを入力して『Continnue』をクリックしてください。

③テンプレートの中から目的に合ったものを選んで使う

Googleアカウントでの登録が完了したら下の画面になります。枠はそれぞれ機能にあわせたテンプレートであり、この中から目的に合ったものを選んで使います。

例えば、ブログの記事を作成したければ、左上の『Full Blog Generator』を選びましょう。

cohesive ai内の人気のあるテンプレートの一覧

画像出典:https://cohesive.so/

『Full Blog Generater』の機能一覧

画像出典:https://cohesive.so/

・Keywords→記事中に使用したいキーワード

・Goal→記事の目的(登録・契約・購入など)

・Tone→語調や話し方の雰囲気

・Word count→文字数

・Reference Links→参照リンク(参考にして欲しい記事のリンクを挿入することで、それらの記事の情報をもとに新規記事を生成してくれます。)

これらを入力し、『Go』をクリックすると記事の生成が開始されます。

生成された記事を日本語に変換

実際に使うと下の画面のように文章が生成されます。

『cohesive ai』にてツイートが生成されている様子

画像出典:https://cohesive.so/

生成画面左上の『Translate to』ボタンをクリックしてJapaneseを選択することで日本語に翻訳してくれます。

テンプレートによっては入力を日本語で行うことで、自動的に日本語で出力してくれるものもあります。

最初から日本語で生成する方法(7/29追記)

Cohesive ai』に言語が追加され、日本語に完全に対応しました!これにより、あらゆるコンテンツを日本語で生成することが可能となりました。

Cohesive ai のサイドバー

Cohesive aiの言語設定画面

『Cohesive ai』のホーム画面左側の『Settings』をクリック→『Default language』をJapaneseに変更

この操作によって日本語で記事を生成したり、ツイートを書いてもらうことが可能となります。

Cohesive aiを用いて生成した日本語の記事

画像出典:https://cohesive.so

実用的なテンプレート

特に人気があり、実用的なテンプレートを紹介します。

・Full Blog Generater (ブログ生成)

SEOを考慮したブログの記事を入力したキーワードに基づいて自動で生成します。

非常に長い記事を生成してくれます。収まりきらないので冒頭のみの紹介になります。

cohesive aiを用いて生成した記事①

画像出典:https://cohesive.so/

cohesive aiを用いて生成した記事②

画像出典:https://cohesive.so/

また、目標の設定や、口調の変更、文字数の指定などが可能です。

Content Rephrase (コンテンツ言い換え)

文章を入力すれば他の言い回しに変換してくれます。日本語対応もしています。

cohesive aiの言い換え機能

画像出典:https://cohesive.so/

この記事の冒頭の文章を変換してみました。

Twitter Tweet(ツイートの作成)

ツイートして欲しい話題を入力するとその話題に適したツイートを作成してくれます。

cohesive aiを用いたツイートの作成

画像出典:https://cohesive.so/

タグ付けもしてくれるのは良いですね。他にもSNS関連だとinstagram,facebook,youtubeに関するものなどがあります。

story generator (ストーリ作成)

ストーリーの概要を入力するとその中身を詳細に生成してくれます。

Presentation slide text generator(プレゼンの作成)

プレゼンの概要を入力すれば文章を作成してくれます。

Generate FAQs

FAQを作成してくれます。

cohesive aiを用いたF &Qの作成

画像出典:https://cohesive.so/

上記の他にも100個以上のテンプレートがあります。テンプレートの中から目的に合ったものを選んで使うというのが基本になってきます。

音声読み上げ機能

生成したコンテンツを読み上げる機能『AI Voice』が追加されました!

実際に、日本の人口動態に関する記事を読み上げて貰いました。

cohesive aiに日本語で読み上げてもらう

生成された音声はこちらになります。

また、言語を変更することで英語で翻訳して読み上げることも可能です。

無料プランと有料プラン

『Cohesive』には有料プランと無料プランが存在します。

これらの違いをまとめたのが次の表になります。

   項目  スターター   プロ  チーム
   値段   無料$11/月 $108/年

$11/月 $108/年

生成できる単語数月10000語まで  上限なし   上限なし
他ユーザーとの協力    ○    ◎    ◎
ファイルストレージ全て無料で保存全て無料で保存全て無料で保存
カスタマーサポート    ×    ○    ◎

ただしチームプランは5人以上の登録が必須となります。

現状では生成上限以外に大きな差はないため、使用頻度が高い場合を除いては無料プランで良いかと思われます。

詳細は公式サイトをご覧ください(リンクはこちら)

 

 

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。