SAKUBUNの使い方!マーケティング分析, ブログ, SNS, メールも一括生成で時間短縮

今回は、【SAKUBUN】という2023年にNOVEL株式会社という日本の会社から公開されたAIライティングツールをご紹介します。

ブログ、ECサイト、キャッチコピー、ビジネスで使える文章などさまざまなテンプレートがあってさまざまな場面で使えますし、AIが書いた感がないとても魅力的な文章を一瞬で生成してくれます!

無料で始められるので、ひとまず一度使ってみる価値ありです!

兼松洋輔

そんなSAKUBUNの使い方や具体的に何ができるの?ということに付いて紹介していきます。


SAKUBUNとは?使うメリット4選

【SAKUBUN】は、前述の通り、無料で始められるAIライティングツールになります。

SAKUBUNの魅力はたくさんありますが、大きな魅力は以下の4つです。

①文書作成が一瞬で終わる

なんといってもAIライティングツールの一番の魅力は、文書作成が一瞬で終わることだと思います。

1から文章を書くのって結構時間がかかりますよね。そんな時にSAKUBUNを使えば、要素を指定するだけで、完璧な文章を作ってくれます!

また、テンプレートも豊富なので、例えばブログのテンプレートを使えば、一瞬でブログ用の文章が出来上がります。

兼松洋輔

手直しも可能なので、自分なりのこだわりを反映させることもできますよ。

②誰でも上手な文章を書ける

次は、誰でも上手な文章を書けるというメリットを紹介します。世の中にはコピーライターという職業があったり、長い文章でも短い文章でも上手な文章を書くのって技術が必要ですよね。

そんな中、SAKUBUNを使えば、誰でも簡単に魅力的な文章を作ることが可能です!

SAKUBUNは構成などもしっかり考えてくれるので、細かい表現だけでなく、全体として読みやすい文章を作れます。

③様々な場面で活用できる

前述しましたが、SAKUBUNには多種多様なテンプレートが存在します。

テンプレートの種類・マーケティング(8)
・ECサイト(6)
・一般(27)
・ブログ(24)
・広告(10)
・SNS(11)
・メール(16)
・営業(4)
・動画(6)
・求人(3)
・不動産(1)
・プレスリリース(1)
・カスタマーサービス(1)

ざっと数えてみた感じこんな感じでした。ECサイトという項目の中にも商品説明文があったり、キャッチコピーがあったり、用途によって最適な文章を作ることができるようになっています。

また、営業の項目では営業トークのスクリプトを作れるようになっていたり、マーケティング分析ができたり、誰かに読んでもらう文章以外にも、多種多様の文章を作ることが可能になっています。

④無料で使える

無料で使えるのも大きい特徴だと思います。無料で毎月5000字の文章を生成することが可能です。

もちろん有料プランも存在し、有料プランに入ると文字数制限がなくなったり、もっと便利な機能をたくさん使うことができます。

兼松洋輔

料金プランに関しては後述します!


SAKUBUNの使い方

①サインアップ(Sign up)

まず、【SAKUBUN】 を開いて、「無料で始める」をクリックします。

SAKUBUNのデフォルト画面

出典)SAKUBUN

次にメールアドレスと名前を記入して、新規会員登録します。

SAKUBUNの新規会員登録するときの画像

出典)SAKUBUN

すると、SAKUBUNのデフォルトページに移ります。これで会員登録は完了です!

SAKUBUNで会員登録が完了したときの画像

出典)SAKUBUN

②チュートリアル

SAKUBUNには、チュートリアルが充実しています。このチュートリアルをしっかりみれば、大体の使い方はカバーできると思います。

SAKUBUNのチュートリアルの画像

出典)SAKUBUN

兼松洋輔

この記事では一つ一つ丁寧に説明しているので、つまずいたらこの記事に戻ってきてください!


③ペルソナ設定

SAKUBUNでは、ペルソナ設定をすることができます。

例えば、30代女性とペルソナ設定をすると、30代の女性に刺さるような内容の文章を生成してくれます。

そのペルソナも保存して使うことが可能で、例えばSNSやメディアをやっていて、自社のコンテンツをみてくれている人のペルソナが把握できている場合などは特に有用かなと思います!

設定の方法としては、左側の「ペルソナ」をまずクリックします。

SAKUBUNでペルソナを設定するときの画像

出典)SAKUBUN

次に「ペルソナを新規作成」をクリックすると、このように項目があるので、これを全部入力して行きます。

SAKUBUNでペルソナ設定の入力をし終わったときの画像

出典)SAKUBUN

今回はこんな感じで、30代の男女両方、おとなしめの性格で旅行が趣味の会社員をペルソナとして設定しました!

兼松洋輔

名称が10代女性になってしまっています。間違えました。すみません。。。

④テンプレートから選んで文書生成

次に、テンプレートから選んで文書を生成して行きます。

左端のテンプレートを押すと、このようにたくさんのテンプレートが現れます。

SAKUBUNでテンプレートを選択するときの画像

出典)SAKUBUN

今回は、AIDAの法則というのを選択して、使ってみました!

先ほどのテンプレートが並んでる画面から、AIDAの法則をクリックし、情報を入力します。

SAKUBUNでAIDAの法則のテンプレートを選択したときの画像

出典)SAKUBUN

商品名、商品の説明、クリエイティブ度合い、生成する数を選択し、「生成する」をクリックします。

SAKUBUNを用いて、AIDAの法則で分析してもらったときの画像

出典)SAKUBUN

するとこんな感じで、詳しく分析してくれました!

ちなみに、テンプレートはお気に入りを登録することができるので、定期的によく使うテンプレートはお気に入りに登録して探す時間を短縮しましょう!

SAKUBUNでテンプレートをお気に入り登録する時の画像

出典)SAKUBUN


⑤記事作成

次は、記事作成もSAKUBUNを使って一括でやってもらいます!

SAKUBUNは単に記事を書くだけでなく、(1)テーマを決める(2)目次を決める(3)記事を作るの3段階で記事を作ってくれます。

それぞれの段階で手を入れて訂正することも可能で、限りなくこちら側の意向に沿った文章を書くことができます。

(1)テーマを決める

まずはテーマを決めて行きます。

キーワード」を入力して、「クリエイティブ度合い」「ペルソナ」「生成する数」を選択し、「生成する」をクリックします。

「ペルソナ」に10代女性と書いてありますが、これは先ほどペルソナを設定するときに間違えてしまったものなので、気にしないでください。。。

SAKUBUNで記事制作をするときに、テーマを決めるときの画像

出典)SAKUBUN

(2)目次を決める

次に目次を決めます。

記事タイトル」を入力し、「クリエイティブ度合い」「生成する数」を選択しますが、記事タイトルはここで修正することが可能です!

SAKUBUNで記事生成する際に目次を決めるときの画像

出典)SAKKUBUN

するとこんな感じに目次を細かく生成してくれました!

SAKUBUNで記事作成する際に目次を設定した時の画像

出典)SAKUBUN


(3)記事を作る

最後に記事を作成して行きます。

記事タイトル」「目次」「クリエイティブ度合い」「生成する数」を設定し、生成するをクリックします。

SAKUBUNで記事作成する時の画像

出典)SAKUBUN

兼松洋輔

今回は長くて結果は載せませんが、このような作業で、簡単に記事制作することが可能です!

⑥AIエディター

次にAIエディターをご紹介します。

ここでも先ほどのテンプレートが使えて、AIが文章を生成してくれます。

ここは先ほどのテンプレートの説明とほとんど変わらないです!

SAKUBUNでAIエディターを使う時の画像

出典)SAKUBUN

SAKUBUNのAIエディターを使う際に入力した時の画像

出典)SAKUBUN

最終的にはこんな感じで出力してくれました!全文コピーしたり、採用したりすることが可能です。

SAKUBUNのAIエディターを使った時の出力結果

出典)SAKUBUN

⑦画像生成

SAKUBUNでは、2023/9/15現在β版ですが、画像生成も行うことが可能です。

今回は例文を使って画像を生成してみました!

SAKUBUNで画像生成をした時の画像

出典)SAKUBUN

「生成する」をクリックすると、こんな感じに表示してくれます!

SAKUBUNで画像生成をした時の画像

出典)SAKUBUN

 

SAKUBUNの料金プラン

先ほど、SAKUBUNは無料で使えると言いましたが、有料プランももちろんあります。

各プランの違いについて紹介します。

SAKUBUNの料金プランの画像

出典)SAKUBUN

細かい部分を除くとこんな以下の通りです。

プランチームスタンダードパーソナルフリー
月額32780円10780円3278円無料
文字制限無制限無制限10~50万文字5000文字
GPT3.5⭕️⭕️⭕️⭕️
GPT4⭕️⭕️✖️✖️

カスタマイズしたい企業などは、エンタープライズプランもあるので、問い合わせることができます。

基本的には、スタンダードプランに入ることで制限はなくなり、とっても便利になるので、一度無料で使ってみて、「SAKUBUNをもっと制限なく使いたい!」となれば有料プランに入ることをお勧めします!

SAKUBUNの活用事例4選

①マーケティング分析

SAKUBUNのテンプレートには、マーケティングという項目があるのですが、簡単に情報を入力することで様々なマーケティング分析を行うことが可能です。

SAKUBUNでできるマーケティング分析・3C分析
・SWOT分析
・PEST分析
・STP分析
・5forces分析

このような分析はChatGPTでも行うことができるのですが、簡単ではなく、それなりに考えられたプロンプトを組む必要があるので、テンプレートを用意して簡単にこれらの分析をできるSAKUBUNは非常に便利だなと感じました!

②ブログ執筆

ブログの執筆に関しても、SAKUBUNではテンプレートが24個もあり、細かくこだわりながら、一瞬にしてブログ記事を執筆することが可能です。

SAKUBUNでは、AIらしさのないあたたかみのある文章を生成することができるので、普段からブログを書いている方はSAKUBUNを使って時間短縮していくのをお勧めします!

③SNS投稿

SAKUBUNは、SNS投稿の文章も生成することができ、Facebook、YouTube、TikTok、X(Twitter)、Instagramに対応しています。

SNSは流行りが早かったり、こだわりがある方もいると思いますが、一旦SAKUBUNを使って自分なりにアレンジするという形でもめちゃくちゃ時間短縮になるんじゃないかなあと思います!

④メール

メールって1日に何件も返信しなきゃいけなくて、一つ一つ返信していると大変ですよね。そんな時にもSAKUBUNが使えます。

SAKUBUNには16個もの種類のメールのテンプレートがあって、そこに要件だけ放り込んであげるだけで簡単にメールが作成できます!

SAKUBUNのメールのテンプレートの画像

出典)SAKUBUN

兼松洋輔

メールって仕事の上で本質的な作業ではないように思うので、こういう部分で時間短縮できるのはとってもありがたいですね。

まとめ

今回はAIライティングツールのSAKUBUNを使って文書作成を効率化する方法について紹介しました!

マーケティング分析から、営業スクリプト作成、ブログ記事執筆、メール作成、SNS投稿分作成までできるこのツールを使わない手はないです!

関連記事

AIブームはここから始まった!!『ChatGPT』のログイン方法と使い方

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。