PDFの理解/要約が一瞬で! ChatGPT Code interpreterの使い方を紹介!

今回は最近リリースされたChatGPT  Advanced Data Analysis(元Code interpreter)を用いて、PDFファイルの文書を一瞬で理解する方法をご紹介します!

*Cord InterPreterは8/28のアップデートで Advanced Data Analysisに名称が変更されました。


     🔼「AITech」がオススメする初心者〜上級者まで学べるAIスクールです!🔼

第1章 ChatGPT Code interpreterとは

まずは、ChatGPT Code interpreterの使い方についてご紹介します。

Pythonコードの生成〜プログラム実行

ChatGPT Code interpreterは、「こういうプログラムを実行したい!」ということをChatGPTに説明してあげるだけでPythonのコード生成〜プログラムの実行までしてくれるツールです。

Pythonが扱えない人でも本当にいろんなことができるツールで、今回紹介するような、ファイルを読み込ませてChatGPTに要約してもらったり、内容を抽出してもらうといったことも可能です!

プログラムを書いて、すぐに結果を確認したい時、データをグラフにして見たい時、またはプログラムについての質問がある場合などに、ChatGPT Code interpreterが役立ちます。

 ChatGPT Code interpreterの使い方

ChatGPT Code interpreterは、ChatGPTの有料プランである、ChatGPT Plusに入会する必要があります。月額20ドルかかります。

ChatGPT  Code interpreterについては、こちらの記事で詳しく説明してあります!

ChatGPT Plusへの入会ができたら、ChatGPT  Advanced Data Analysis(Code interpreter)を起動させていきます。(ChatGPTを開く)

左下のアカウントのメールアドレスが書いてあるところの右側にある…をクリックすると、このような画面が開きます。

ChatGPTの設定をするためにSetting&Betaをクリックするときの画像

出典) ChatGPT

Settings & Betaをクリックすると、次のような画面になります。

ChatGPTでpluginとCodeInterpreterを起動させるときの画像

出典) ChatGPT

このように、Pluginと Advanced Data Analysis(Code interpreter)というのが見えると思いますので、ここをオンにします。

ChatGPTでCode interpreterとpluginが追加されていることを示す画像

出典) ChatGPT

GPT4のところにカーソルを合わせると、このようにCode interpreterが追加されているはずです!

ただし11/6日のアップデート後は上記のように個別機能としては表示されず、ChatGPTにCodeInterpreter機能がデフォルトで搭載されています。

ChatGPTアプデ後のホーム画面

画像出典:ChatGPT

上記のような通常の画面でもCode Interpreterを利用して会話してと入力すると、Code Interpreter機能を利用できます。

この機能は「All Tools」機能と呼ばれています。「All Tools」機能は今までのGPT4と別で搭載された機能というわけではなく、今までのGPT4の性能が向上して、全ての機能を同時に使用できるようになったものです。



ChatGPT Code interpreterにPDFを認識させる方法

PDFファイルはアップロードできない?

ChatGPT Codeinterpreterはファイルをアップロードできるので、PDFをアップロードして要約したり内容を抽出してみたりなどしようとチャレンジした人もいると思います。

しかしながら、現状(8/17現在)のCode interpreterでは、PDFをアップロードして内容を書き起こしてもらおうとすると、バグが起こりやすいです。

試しにPDFをアップロードしてみました。

ChatGPT Code interpreterにPDFファイルをアップロードしたときの画像

出典) ChatGPT

すると、このようにたくさんバグが起こっていることがわかります。

ChatGPT Code interpreterにPDFをアップロードしてバグが生じている画像

出典)ChatGPT

兼松洋輔

この問題の解決策をご紹介いたします!

Wordに変換してアップロードしよう!

PDFは、画像形式のファイルのため、ChatGPTが読み込みにくいという問題があります。

なので、テキストファイルであるWordに変換することで、ほとんどバグが生じることなくアップロードすることが可能です!

PDFファイルをWordファイルに変える方法はいくつか存在すると思いますが、私が普段行っている手法を紹介します。

Google Driveにアップロード

まず、PDFをGoogle Driveにアップロードします。

PDFファイルをGoogle Driveにアップロードした画像

PDFをGoogleドキュメントに変更

一番右のボタンをクリックすると以下のような画面になります。「アプリで開く」から「Googleドキュメント」をクリックします。

PDFファイルをGoogle DriveでGoogleドキュメントに変更する画像

するとPDFファイルがGoogle ドキュメントとして開かれます。

GoogleドキュメントをMicrosoft Wordに変更してダウンロード

そうしたら、左上の「ファイル」から「ダウンロード」をクリックし、Microsoft Wordをクリックしましょう。

Google ドキュメントの書類をWord形式でダウンロードする画像

兼松洋輔

これでPDFファイルをWordファイルとしてダウンロードすることができました!

PDF読み取りツールについて、以下の記事で各ツールの比較をしています!

PDFの読み取り, 要約, 理解が可能なChatGPT搭載AIツール4選!

ChatGPT CodeInterpreter活用事例/使い方

ここでは、PDFからWordに変換した文書を用いて、どのようにChatGPT  Advanced Data Analysis(Code interpreter)を活用できるかについてご紹介していきます。

今回は、最近暑いので、東京都教育委員会の熱中症ガイドラインを使って、試してみます。

文書の内容を要約してもらう

まず、先ほどの方法でWordに変換したファイルを用いて、概要を答えてもらおうと思います。

ChatGPT Code interpreterにWordファイルを読み込ませて要約してもらうときの入力画面

出典) ChatGPT

Promptこのファイルを読み込んで、概要を教えてください。

ChatGPT Code interpreterにWordファイルの要約をしてもらったときの出力画面

出典) ChatGPT

兼松洋輔

このように、エラーなしで要約ができていることがわかります!

文書の内容を列挙してもらう

個人的にはこの方法がすごく使いやすいなと感じています。

内容を、見出しをつけて列挙してもらう方法です。これによって、具体的な内容はわかりませんが、全体としてどんな内容が書いてあるか、とても簡単に把握することができます。

ChatGPT Code interpreterにファイルの内容を列挙してもらったときの入力画面

出典)ChatGPT

Promptこのファイルに書いてあることを、見出しをつけて箇条書きで列挙してください。

ChatGPT Code interpreterにファイルの内容を列挙してもらったときの出力画面

出典)ChatGPT

ChatGPT Code interpreterにファイルの内容を列挙してもらったときの出力画面2

出典)ChatGPT

こんな感じで、全体を把握するのがとっても楽です!

兼松洋輔

この列挙された結果を用いて、特に気になることについて詳しく書いてもらうのもありですね。

文書の内容を抽出してもらう

今回は、子供の熱中症対策について気になったので、それについて聞いてみました。

Prompt子供の熱中症対策について、このファイルに書いてある内容を教えてください。

ChatGPT Code interpreterにファイルの内容を抽出してもらうときの画像

出典)ChatGPT

全体の内容を列挙してもらって、特に気になることをこのように具体的に示してもらうのが、個人的には非常に便利に感じました!

図を理解するのは苦手

今回の方法では、PDFをWordファイルに変更してアップロードしています。

というのも、これまでChatPDFやAskYourPDFなど、様々なPDF読み取りAIツールが出てきていますが、どれも画像認識が苦手で、図を理解することができません。

ChatGPT  Advanced Data Analysis(Code interpreter)に関しては、PDFをそのまま読み取るのも苦手です。

そのため、このようなAIツールでPDFを読み取らせる際には、文書だけのファイルが向いています。

以下にChatGPT  Advanced Data Analysis(Code interpreter)で図の読み取りができるか検証してみました。

今回使ったファイルでは、図の中に暑さ指数(WBGT)の計算方法(数式)が書いてあったので、これを出力させてみようと思います。

Prompt暑さ指数(WBGT)について、このファイルに書いてあることを元に教えてください。

ChatGPT Code interpreterに図の中の情報を読み取らせるときの入出力画面

出典) ChatGPT

すると、具体的な計算式は出力してくれていないので、やはり図の中の文章なども読み取れないことがわかります。

まとめ

今回は、ChatGPT  Advanced Data Analysis(Code interpreter)を用いて、PDFファイルの文書を読み込ませ、内容の要約や抽出を行う方法を紹介しました!

他のツールと比べて、ファイルのアップロードの段階では、Wordに変換する必要があるため、使いにくい部分がありますが、アップロードしてからはさすがChatGPTという感じで、他のAIツールやChatGPTプラグインと比べても、めちゃくちゃ便利だと思います!

なんといっても筆者はこの方法をめちゃくちゃ使っています。

是非皆さんも使いこなしていってください!

サービス紹介資料

【資料無料ダウンロード】

・AI業務活用お役立ち資料

・用途別のおすすめAIをご紹介

・生成AIの業務導入事例も掲載

 

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。