SEO分析をChatGPTで!プラグイン『SEO CORE AI』の日本語での使い方!

§1 概要

そもそもChatGPTプラグインとは?

今回紹介するツールはChatGPTのプラグインです。

そもそもChatGPTとは何なのかについて簡単に紹介します。

ChatGPTはOpenAIによって開発された大規模な言語モデルで、人間との自然な対話を生成するために設計されています。大量のテキストデータから学習し、その結果としてユーザーからのプロンプトに対する適切なレスポンスを生成します。

河津大誠

簡単にいうとどんな質問にも自然な日本語で返答してくれる会話botです!

ただ、つい最近(2023年5月時点)ChatGPTの機能性をさらに向上させるために、特定の目的や応用領域に合わせてカスタマイズできるプラグインが有料プランユーザー全員に公開されました。(一部の人はそれ以前から使えていたようです)

プラグインは、標準的なChatGPT機能を拡張し、特定のユーザーのニーズに対応するための便利なツールです。

ChatGPTプラグインは、ChatGPTの基本的な機能性を補完する役割を果たします。これらは、特定の応用領域や目的に合わせて、ChatGPTの振る舞いをカスタマイズします。

特定の業界や専門分野に特化した情報を提供したり、特定の言語スタイルを模倣したりするプラグインが存在します。これらのプラグインは、いままでのChatGPTでは不可能だった業務を可能にします。

プラグインの基本については以下の記事をご覧ください。

ChatGPTのプラグインの基本!使い方/価格/機能を紹介!

今回はそんなプラグインの中でもSEO(検索最適化)に特化した『SEO CORE AI』を紹介します。

『SEO CORE AI』とは

まず、SEO(検索エンジン最適化)は、Google検索時に上位に表示されるようにサイトを設計することです。しかし、SEOは複雑で時間を要する作業であり、その効果を最大限に引き出すためには専門的な知識が必要です。そこで役立つのが、SEO分析プラグイン『SEO CORE AI』です。

SEO CORE AI』は、指定したウェブサイトのSEOパフォーマンスを評価し、改善のための具体的な提案を行うツールです。このプラグインは、指定したURLとキーワードに対するSEOの評価を行います。URLを指定すると、そのページのSEO要素(ページタイトル、メタディスクリプション、ヘッダータグ、画像のalt属性、内部リンク、外部リンクなど)を分析します。

また、このプラグインは競合他社のウェブサイトとの比較分析も行います。これにより、自分のウェブサイトが競合他社に比べてどの程度パフォーマンスを発揮しているか、がわかります。

SEO分析プラグインは、ウェブサイトのオーナーやマーケティング担当者、SEO専門家など、ウェブサイトのパフォーマンスを最大限に引き出したいすべての人々にとって有用なツールです。このプラグインを活用することで、SEOの専門的な知識がなくても、ウェブサイトのSEOを効果的に改善することが可能になります。

導入方法

まず、プラグインの中から『SEO CORE AI』を探しインストールボタンを押します。すると下の画面が出てきます。

SEO

2段階認証が必要になるので、指示通りに進めてください。

SEO

上の画面になったらメアドを入力してください。認証コードが届くのでそれを入力すれば完了です。

使用方法については次の章を参考にしてください。

§ 2 実際の使用例

 

以下にいくつかの使用例を紹介します。プラグインの使用例では、上手く使えたものだけでなく、失敗したもの、精度が低かったものも載せています。これは、現段階では個々のプラグインに関する情報が不足しており、『どのプラグインが実用性があるのか』という点が重要視されている時期だと考え、失敗例も含めてこのプラグインが実用的なプラグインなのか否かを判断していただきたいと考えるからです

①リンクを貼って分析してもらう

SEO

SEO

上記のようにサイトのリンクを貼れば分析してくれます。ただし、英語で出力されるため日本語に直したい場合は、『日本語で分析してください』などと付け加えましょう。

SEO SEO

キーワード分析

seoanalysis.seogpt__plugin({
url: “https://www.example.com”,
kw: “example keyword”
})

上記のコードのurl部分にサイトのURLを、kw部分に調べたいキーワードを入力すると、結果を出力してくれます。

SEO SEO

回答中のキーワードスコアは、特定のキーワードが検索エンジン結果ページ(SERP)でどの程度競争力があるかを示す指標です。このスコアは、そのキーワードに対する検索ボリューム(月間検索回数)と競争レベル(そのキーワードをターゲットにしている他のウェブサイトの数)を考慮して計算されます。

キーワードスコアが高いほど、そのキーワードは競争が激しく、ランキングを上げるのが難しいと言えます。逆に、キーワードスコアが低いほど、そのキーワードは競争が少なく、ランキングを上げやすい可能性があります。

漠然とした競合他社との比較(失敗例)

まず、サイトを指定せずにAIツールをまとめたサイトと、『AI Tech World』の比較を行います。

河津大誠

先に述べておくとあまり上手くいってないので、実用的な使い方だけ知りたい!という方は飛ばしてください

SEO

SEO

SEO

このサイト自体の分析はかなり細かく行ってくれましたが、比較の部分はかなり曖昧ですね…

SEO

やはり特定の競合他社を指定しないと厳しいようです。

『OpenAI』 VS 『AI Tech World』

次は特定の競合他社との比較を行ってみようと思います。

河津大誠

夢はでっかく!ということで『OpenAI』社のホームページと比較してもらいました。

SEO SEO

こちらはかなり正確に比較できてそうですね、やはり、特定サイトとの比較という使い方が最も良さそうです。

河津大誠

案の定ボロ負けで悲しくなってきました…..これから頑張ります!!

§ 3 まとめ

今回はSEO分析を補助してくれるChatGPTのプラグイン『SEO CORE AI』について紹介しました。SEO分析自体はGoogleアナリティクスなど数多くのツールがありますが、ChatGPT内で気軽に使える点は一つの魅力かと思います。

また、他のプラグインとの組み合わせによってさらに効果的に使用することも考えられるでしょう。ぜひ、実際に使われた方はコメント欄の方から出力結果をシェアしていただけると嬉しいです!

他にもプラグインに関する記事を以下で紹介しているので併せてお読みください。

おすすめのChatGPTプラグイン4選!

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。