ChatGPTが生成した文章を校正! 拡張機能『edit GPT』

この記事ではChatGPTの拡張機能の一つである『edit GPT』について紹介していきます。

§1 『edit GPT』の概要

『editGPT』はChatGPTによる文章の構成を補助するためのWEBブラウザの拡張機能です。構成前と後でどの部分が変更されたのかを一目で知ることができ、各部分ごとに原文と校正案のどちらを採択するかを選ぶことができます。英語の文章に用いて、英語の学習に活かしたり、文体を変えて見比べることもできる非常に便利なツールです。

また、無料で利用できるため、インストールしておいて損はないでしょう。


     🔼「AITech」がオススメする初心者〜上級者まで学べるAIスクールです!🔼

§2 『edit GPT』の使い方

①『editGPT』のインストール

ChromeまたはFirefoxの拡張機能ストアから『editGPT』をダウンロードしてインストールしてください。(Googleストアのリンクはこちら

②ChatGPTを開く

Google ChromeもしくはFirefox上でChatGPTを開きましょう。(リンクはこちら

Edit GPTのチャット画面

画像出典:Edit GPT

 

③校正をChatGPTに頼む

河津大誠

ChatGPTに何らかの文章を校正して貰いましょう。

answer

Edit GPT

この文章を校正してください
answer 2

Edit GPT

赤文字で記されている場所がこちらが入力した文章のうち訂正された部分で、緑で記されている文はChatGPTが新たに書き加えたものです。このままだと見にくいので訂正後の文か訂正前の文のどちらを採択するのか決めていきましょう。

具体的には選びたい部分をドラッグして✅マークを押すことで訂正後を採択でき、❌マークを押すことで訂正前を採択できます。

ここは訂正前を採択します。

一番下の行は訂正後を採択します。

それぞれ反映後は下の画像のようになります。

answer 4

画像出典:Edit GPT

河津大誠

このようにして細かく編集することで、理想の文章を完成させられます。

④校正以外のプロンプトも試してみる

この機能を有効活用できるプロンプトとしては

PROMPT『』で囲まれた文章を3つの段落に分けて書き直してください

PROMPT『』で囲まれた文章をより洗練されたものにしてください

PROMPT『』で囲まれた文章をより丁寧な口調にしてください

PROMPT『』で囲まれた文章を200字以内に要約してください

PROMPT『』で囲まれた文章の誤字脱字を指摘してください

PROMPT『』で囲まれた英文は()で囲まれた文章を英訳したものです。文法的な間違いを指摘してください。

PROMPT『』で囲まれた箇条書きの文を、意見文に書き換えてください

PROMPT『』で囲まれた文章を随筆文に書き換えてください。

PROMPT『』で囲まれた俳句を改良したものを3つ挙げてください。

といったものが挙げられます。これらのプロンプトを使う場合には『editGPT』の機能は役に立つでしょう。




§3 まとめ

『editGPT』はChatGPTによる構成を補助するWebブラウザの拡張機能です。無料でもかなり使い勝手が良く、使わないときは機能をオフにもできるので、とりあえずインストールしておいて損はないツールでしょう。他にも便利な拡張機能は多くありますので以下の記事も併せてお読みください。

ChatGPT拡張機能の詳しい登録方法や使い方は以下の記事を参照してください。

ChatGPTのGoogle Chrome拡張機能おすすめ5選!

「生成AIツールを導入して業務を効率化したいが、コストを抑える方法や適切なツールの選択がわからない」とお悩みの方は、お気軽に以下よりお問い合わせください。業務内容の分析から最適なツールの提案、導入のサポートまで、全面的にサポートいたします!

また、AIツールの掲載も無料で承っておりますので、お気軽にご連絡ください!

    この記事は役に立ちましたか?

    もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。