PDFをChatGPTが読み込んで回答!『ChatPDF』の料金と使い方

PDFは、求人書類から学術論文まで、さまざまな文書のフォーマットとして広く使用されています。しかし、文書が長い場合や複雑な構造を持つ場合、その内容をすばやく理解するのは難しいこともあります。また、文章中に難解な専門用語が登場する場合もあるでしょう。そんな課題を解決するための無料AIツールが「ChatPDF」です。

§1 『ChatPDF』とは?

ChatPDFはChatGPTのGPT3.5が搭載されていて、PDFを読み込んだ状態でChatGPTに質問できるサービスとなります。

ChatPDFを利用すると、PDFをアップロードするだけでAIが文書の概要を自動生成し、文書の理解を深めるための質問の提案も行ってくれます。

①ChatPDFの利点/活用方法

ChatPDFの特色は、アップロードしたPDFについて、どんな質問にも素早く回答できることです。また、画面左側でPDFを見ながらチャットできるので、詳細な調査を自分で行うことも可能です。

例えば以下のような用途でChatPDFを使うことができます。

『ChatPDF』でできることPDF資料の内容の抽出、PDF資料の内容の要約、内容(外国語)の翻訳など、、、

特にPDF資料の内容の抽出は非常に強力で、学生ならPDF教材や論文PDFから内容を抽出することも可能ですし、社会人なら法律文書や契約書から特定の条項や定義を素早く見つけることができたりします!

また、アカウント登録なしで無料で使えます!§2では具体的な使い方についてご説明します!

兼松洋輔

ぜひこの記事を読んで、『ChatPDF』を使いこなしてください!

他のPDF読み取りツールとの比較やおすすめ度については、以下の記事で紹介しています!

PDFの読み取り, 要約, 理解が一瞬でできる生成AIツール4選!

§2 『ChatPDF』の使い方

① ChatPDFにアクセスする

まず、ChatPDFの公式サイトにアクセスします。

ChatPDFの最初の画面

出典) ChatPDF

② PDFファイルをアップロードする

先ほどのページになったら、ご自身のPDFをドラッグしてアップロードします。PDFをデスクトップにダウンロードしておくと便利です!

今回は、最近暑いので、東京都教育委員会の熱中症ガイドラインを使ってChatPDFを試してみます。

ChatPDFで熱中症ガイドラインを開いた画像

出典) ChatPDF

③ 『ChatPDF』とチャットする

「ChatPDF」は画面左側にPDFのプレビューを見せてくれるので、そちらで確認しながらChatGPTに質問することが可能です!以下でいくつかの使い方についてご紹介します。

(1)質問例を使う

ChatPDFで熱中症ガイドラインを開いた画像

出典) ChatPDF

ChatPDFでPDF資料を開くと、PDF資料の概要と、質問例を3つほど提示してくれます!非常に便利な機能ですね。

まず、ここの質問例を一つピックして質問してみました!

ChatPDFの質問例から質問したときの画像

出典) ChatPDF

途中切れてしまった時はこのように「続けて」と言うことで続きを生成してもらうことが可能です。

兼松洋輔

PDF内に記述してある場所も教えてくれていますし、内容も適切で素晴らしいですね。

(2) PDF書類の概要を教えてもらう

次は、今回のガイドラインの概要を教えてもらおうと思います。

ChatPDFにPDF書類の概要を教えてもらったときの画像

出典) ChatPDF

ちょうどいい分量で概要を教えてくれていますね。

(3) PDF書類の一部の内容を抽出する

概要で児童に関する記述があったので、児童の熱中症対策に絞って聞いてみました。

ChatPDFに児童の熱中症対策について抽出してもらっているときの画像

出典) ChatPDF

聞いた内容を抽出してくれました!

(4)英文の書類を翻訳してもらう

ここでは、先ほどのガイドラインのPDFではなく、ChatGPTに英語で小説を書いてもらって、それをPDF化したものをアップロードしてみました!

英語のPDF書類を翻訳してもらう実験をしてみます。

英語のPDF書類をChatPDFに和訳してもらったときの画像

出典) ChatPDF

ちゃんと読み取って和訳してくれています!

§3 料金/プラン

『ChatPDF』には有料プランがあり、有料プランにするとよりたくさん『ChatPDF』を使うことが可能です。

プランFreePlus
料金無料月額5ドル
上限ページ/PDF120ページ2000ページ
上限サイズ10MB32MB
1日あたりのPDFの上限3個50個
1日あたりの質問数の上限50回1000回
兼松洋輔

まずはFreeプランで使ってみて、上限に行くことが多ければ有料プランに移行すれば良いかなと思います!

§4 まとめ

今回は、PDFファイルを読み込んで内容について聞ける『ChatPDF』についてご紹介しました!PDF書類を読み込んでChatGPTと絡めるツールは、AskYourPDF, ChatGPT sidebar, ChatGPT code interpreterなど様々ありますが、『ChatPDF』は一番簡単に使えて性能も問題ないと思います!

AskYourPDF、ChatGPT sideberなどに関する記事も書いているので、是非使って比較してみてください!

関連記事

ChatGPTを好きなページで使える!拡張機能『ChatGPT Sidebar』

ChatGPT『Ask Your PDF』使い方をご紹介!- PDFの内容を爆速で理解しよう!

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。