<Stable Diffusion>リアル/アニメモデルのおすすめや入れ方を紹介!

AI画像生成ツールのStable Diffusionには様々なモデルが用意され、各モデルのイメージに合わせたAI画像を生成できます。そこで今回は、Stable Diffusionのモデルの概要と導入方法を紹介します。

Stable Diffusionのモデルとは?

Stable Diffusionのモデルとは画像生成に使用するアルゴリズムのことです。トレーニング済みのモデルはCheckPointと呼ばれることもあります。使用するモデルを変更することで、生成される画像の特徴も大きく変わります。

しかし、自分でStable Diffusionのモデルを作成するとなると、ハイスペックなPCや高度な知識が必要になり、非常に大変です。そこで、公開されたモデルを使用すると、簡単に画像を生成できるようになります。

モデルのダウンロード方法

Stable Diffusionのモデルは以下のサイトからダウンロードできます。

  • Hugging Face
  • CIVITAI

それぞれのサイトからのダウンロード方法を見てみましょう。

Hugging Faceからダウンロード

Hugging Faceからモデルをダウンロードする手順は以下の通りです。(Hugging Faceのモデル一覧はこちら)

1.Hugging Faceの公式サイトにアクセスする

Hugging Faceのホーム画面

画像出典:Hugging Face

 

2.画面上部のメニューから【Models】を選び、左側に表示されたタブから【Text-to-Image】を選択する

Text-to-Imageの選択画面

画像出典:Hugging Face

 

3.Stable Diffusionで利用できるモデルが表示される

Stable Diffusionで利用できるモデル一覧

画像出典:Hugging Face

 

4.表示されたモデルの中から1つを選び、【Files】をクリックする

画像出典:Hugging Face

 

5.拡張子(モデル名の末尾)が【ckpt】か【safetensors】となっているファイルをダウンロードする(【safetensors】の方が安全性が高い)

Hugging Face内の拡張子が【ckpt】か【safetensors】のものを選択する

画像出典:Hugging Face

 

CIVITAIからダウンロード

続いて、CIVITAIからモデルをダウンロードする手順を紹介します。(CIVITAIのリンクはこちら)

1.CIVITAIi公式サイトにアクセスする

civitalの公式サイト

画像出典:Civital

2.画面上部メニューから【Models】を選ぶ

3.右上の【Filter】アイコン(丸囲みで「1」と付いている部分)をクリックして、表示されたタブから【Checkpoint】を選択する。

Model typesとしてCheckpointを選択する

画像出典:Hugging Face

4.表示された中から好きなモデルを選ぶ

CovitaIのモデル一覧の画面

画像出典:CivitaI

 

5.モデルのバージョンを選ぶ(基本的に最新版でOK)

任意のファイルを選ぶCivitAIの画面

画像出典:CivitaI

 

6.右側の「Download」ボタンからダウンロードする

モデルファイルのダウンロード画面

画像出典:CivitaI

ダウンロードにおすすめなのは、【SafeTensor(安全性が高い)】と【Pruned Model(動作が軽い)】と表記されたモデルです。

モデルをダウンロードする際はライセンスに注意

モデルのダウンロードページには利用規約や利用条件が記載されています。また、商用利用や著作権についても説明があるので、必ずチェックしてください。

CIVITAIでは、下の方にスクロールして、右側を見てください。ショッピングカードに斜線が入ったアイコンが表示されています。ここをクリックすると、商用利用に関する規則が表示されます。

CivitaIのモデルの規約

画像出典:CivitaI

  • 「Use the model without crediting the creator」:モデル利用時のクレジット記載の必要性を示しています。ここが❌の場合、モデルを使用したことがわかるよう記載する必要があります。
  • 「Sell images they generate」:商用利用の可否を表します。❌の場合は不可です。
  • 「Run on services~」:商用利用目的のサービス上でのモデル利用可否を示しています。❌の場合、他サービス経由でもモデルの利用が禁止されます。
  • 「Run on Civitai」:Civitai上でのモデルの利用可否を示しています。
  • 「Share merges~」:モデルのマージ利用の可否を示しています。(マージとは他のモデルと統合すること)
  • 「Sell this model~」が❌の場合、このモデル自体の販売やこのモデルをマージしたものの販売が禁止されます。
  • 「Have different~」が❌の場合、マージして生成したモデルにおいても同じ利用条約を適用する必要があります。

Stable Diffusionへのモデルの組み込み方

Stable Diffusionにモデルを組み込む方法は簡単です。

Stable Diffusion WebUIのインストールフォルダ(解凍したフォルダ)内の【webui】【models】【Stable-diffusion】フォルダーにファイルを保存するだけです。

Stable-diffusionのファイルのフォルダ

ファイルを保存したら、Stable Diffusionの再起動を行います。モデルが認識され、画面上部の【Stable Diffusion checkpoint】から選択可能になります。

CheckpointとLoraの違い

Stable Diffusionでは、CheckpointとLoRAという似た役割を持つコンテンツがあります。

checkpointは学習済モデルファイルの本体です。

LoRAは「追加学習ファイル」とも呼ばれcheckpointに対して追加学習を行ったカスタム用ファイルになります。

1つのモデルの本体(checkpoint)に、背景のLoRA、服装のLoRAなど複数のLoRAを適応できます。

Loraについてはこちらの記事で詳しく紹介しています。

Stable Diffusionのおすすめモデル一覧

Stable Diffusionには膨大な数のモデルがあります。その中からいくつかおすすめを紹介します。

実写・リアル系モデルおすすめ

おすすめモデル1.yayoi_mix

yayoi_mixの画面

画像出典:civitai

若くて可愛らしい女の子のリアル系マージモデルです。目も大きくて、きれいですね。

▼yayoi_mixの基本情報

モデル容量1.99GB
推奨VAEなし
商用利用一部OK
掲載バージョン2023年10月9日
製作者kotajiro001

おすすめモデル2.BRA V6

実写・リアル系おすすめモデル2.BRA V6

画像出典:civitaI

 

BRA V6の正式名称は「Beautiful Realistic Asians version6」で、美しいリアルなアジア系女性のモデルになっています。作者はシンガポールの方です。

▼BRA V6の基本情報

モデル容量1.99GB
推奨VAEなし
商用利用一部可能
掲載バージョン2023年7月9日
製作者pleasebankai

おすすめモデル3.CityEdgeMix

Civitai内のCityEdgeMixモデル

画像出典:Civitai

美しい女性モデルで、高クオリティに仕上がっています。

やや幼い印象もあります。VAEは不要なので、VAEの設定方法が分からない人にもおすすめです。

▼CityEdgeMixの基本情報

モデル容量1.99GB
推奨VAE不要
商用利用不可
掲載バージョン2023年4月13日
製作者CityEdge

アニメ・イラスト系おすすめモデル

おすすめモデル1.blue_pencil

civitai内のblue_pencilモデル

画像出典:Civitai

可愛いアニメイラスト画像を生成したい方が利用できるモデルです。ハイクオリティで優れた描写性のある画像ができます。

▼blue_pencilの基本情報

モデル容量1.99GB
推奨VAEClearVAE
商用利用OK
掲載バージョン2023年7月26日
製作者bluepen5805

おすすめモデル2.MeinaUnreal

MeinaUnrealを用いて生成した画像

画像出典:Civitai

リアル感のあるアニメモデルです。このほかにも種類がありますが、グラデーションがきれいです。

▼MeinaUnrealの基本情報

モデル容量1.99GB
推奨VAEなし
商用利用一部可能
掲載バージョン2023年7月8日
製作者Meina

おすすめモデル3.SDXL Yamer’s Anime Unstable Illustrator

SDXL Yamer's Anime Unstable Illustratorのホーム画面

画像出典:Civitai

独特な画風での画像生成が可能なモデルです。最新モデルのSDXL 1.0を利用しています。

他のオススメモデルに比べて容量が非常に大きいので、ダウンロードの際は十分な空き容量を確保しましょう。

SDXL 1.0について詳しくはこちら

▼SDXL Yamer’s Anime Unstable Illustratorの基本情報

モデル容量6.46GB
推奨VAEXL_VAE_E7
商用利用OK
掲載バージョン2023年12月21日
製作者Yamer

その他おすすめモデル

Game Icon Institute_mode

Game Icon Institute_modeのホーム画面

画像出典:CIVITAI

このモデルゲームアイコンを生成でいるという特殊なモデルです。

▼Game Icon Institute_modeの基本情報

モデル容量3.97GB
推奨VAEなし
商用利用不可
掲載バージョン2023年12月20日
製作者
ConceptConnoisseur

オリジナルモデルも作成可能

CIVITAIやHugging Faceからモデルをダウンロードして、Stable Diffusionに入れる方法のほかに、「マージ」という技術を活用して、自分でオリジナルモデルを作成する方法もあります。

「マージ」は既存の2つのモデルを合成することで新しいモデルを作成する技術です。合成比率は自分で設定できます。

①CIVITAIでマージしたいモデルを2つか3つ用意すする

②Stable Diffusion Web UIを立ち上げて、【Checkpoint Merger】という項目から、マージの各種設定をする

【Checkpoint Merger】のクリック画面

マージによってより自分のイメージに近づけることができるので、ぜひ活用してみてください。

まとめ

今回は、Stable Diffusionで利用できるモデルの紹介をしました。

Stable Diffusionでは素敵な画像を生成できるのですが、1からAIに学習させて取り掛かるのは大変です。ハイスペックなPCも高度な知識も必要です。

そこでおすすめするのがモデルの利用。美しく描写されたモデルを使えば、簡単に画像を生成できるようになります。

ぜひ皆さんも記事の内容を参考にして、モデルを使い、素晴らしい画像を作ってみてください。

執筆者:河津大誠

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。