音楽生成・補助に特化したAI『WavTool』の料金と使い方!

§1 『Wavtool』の概要

WavTool』はAIの補助機能付きのブラウザDAW(Digital Audio Workstation)であり、ツール上で音楽を制作できるものです。

チャットbotを搭載しているので、こちらが日本語を用いて指示した内容の音楽を作成してくれます。まさかの『text to music 』です。

楽器ごとに制作したり、組み合わせることもできるので、カスタマイズ性が高くなっています。そのため、特にある程度音楽の知識があり、細部までこだわりたい方にはうってつけのツールになります。

§2 『Wavtool』の使い方

①公式サイトを開く(リンクはこちら)

②右上の『Sign up』を押してGoogleアカウント、もしくはFacebookアカウントで登録

③説明を読み終えたら下のような曲の作成画面になるので画面下側の画面下側の『Chatbot』と書かれた右のマークを押すとChat欄が開く

wavtoolの楽曲作成画面

画像出典:Wavtool

④アンケートに答える

最初Chatbotに話しかけると返答してくれず下のようなアンケート画面に誘導されます。アンケートに答えた後に元の画面に戻ると応答してくれるようになります。

wavtoolの登録画面

画像出典:Wavtool


アンケート画面です。

 

wavtoolの作曲画面

画像出典:Wavtool


アンケートに答えてから戻ると応答してくれるようになります

 

⑤チャットで会話しながら音楽制作を進めていく

wavtoolとのチャットを通して楽曲を作成していく様子

画像出典:Wavtool


河津大誠

かっこいいは打ち間違えです笑笑そのまま良い感じで返答してくれたので会話を続けてみました。



このように楽器やパートごとに制作してくれ、長さなどは左側の画面で細かく調整できます。

AIが全て制作してくれるというよりは、AIとの共同作業で曲を作り上げていくイメージでかなり楽しいです。
 

§3 『Wavtool』の料金

『WavTool』には有料プラン無料プランがあります。それぞれの違いを表にしてまとめました。

項目BasicPro
金額無料    月額20ドル
    トラック数   最大6トラック    上限無し
   AIに出せる指示 8時間あたり5回まで     無制限
   プラグインの数     1つのみ     無制限
   書き出し形式   wavのみ wavとmp3

上記のような違いになります。本格的に使用するとなると有料プランに変更する必要が出てきますが、慣れるまでは無料プランのままで良いかもしれません。

§4: まとめ

この記事では音楽の作成を補助してくれるChatBotを搭載した『WavTool』について紹介しました。

今回紹介したのはAI機能についてがメインですが、WavTool にはそれ以外にもDAWとしての機能が多数搭載されているので、是非実際に使って試してみてください。

『Wavtool』の他にも数多くの音楽関連のAIがあり、そのうちの一つ『SOUNDRAW』については以下の記事で紹介しています。

日本産のAIツールで、一瞬で3分ほどの曲を制作できるため、曲の生成速度だと『Wavtool』をはるかに上回ります。

ただ、カスタマイズ性だと『Wavtool』の方が高いのでどちらを使うかは好みによるかと思います。

『SOUNDRAW』の詳細はこちら

「生成AIツールを導入して業務を効率化したいが、コストを抑える方法や適切なツールの選択がわからない」とお悩みの方は、お気軽に以下よりお問い合わせください。業務内容の分析から最適なツールの提案、導入のサポートまで、全面的にサポートいたします!

また、AIツールの掲載も無料で承っておりますので、お気軽にご連絡ください!

    この記事は役に立ちましたか?

    もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

    関連記事

    コメント

    この記事へのコメントはありません。