画像生成『novel ai(ノベルai)』の使い方や無料版と有料版の違いなどを紹介!

みなさん、画像生成ツール『novel ai(ノベルai)』をご存知でしょうか。

『novel ai(ノベルai)』とは、AIにより小説や画像が生成できる自動生成AIツールです。

特に、新機能「NovelAIDiffusionV3」を用いたアニメ風画像の生成は大きな話題となっています。

今回はそんな画像生成ツール『novel ai(ノベルai)』について始め方、使い方や呪文の作り方、料金プラン、注意点を紹介していきます。

第一章 『novel ai(ノベルai)』の始め方と料金

画像生成ではAIに入力した文章や画像からイラストを生成させたり、文章と画像を上手く組み合わせることで自分の好みに合わせたイラストを効率的に作成できます。

『novel ai(ノベルai)』の始め方には、1.ユーザーアカウントを作成する、2.サブスクリプションを登録、といった手順を踏む必要があります。

1.ユーザーアカウントを作成する

まずアカウントの作成方法について説明していきます。

『novel ai(ノベルai)』を利用するにはまず、最初にユーザーアカウントを作成する必要があります。

『novel ai(ノベルai)』にアクセスし、自身のメールアドレスでアカウント登録を行います。(リンク)

novel aiの公式サイトのホーム画面

画像出典:novel ai 公式サイト

まず、画面右上にある『Login』をクリックしましょう。

novel aiのアカウント作成画面

画像出典:novel ai 公式

クリックするとログイン画面が表示されますが、まだアカウントを作成していないため、ログインすることはできません。

次に、画面右上に表示されている『Sign Up』をクリックしましょう。

novel aiのアカウント作成画面

画像出典:novel ai 公式

すると、「メールアドレス」と「パスワード」の決定画面が表示されます。

それぞれ入力してから『Start Writing!』をクリックし、「メールアドレス」と「パスワード」を決定しましょう。

問題がなければ、入力したメールアドレス宛てに『novel ai』からメールが届きます。

メールが届いたら、メールの中に表示されているURLリンクをクリックし認証を行いましょう。

novel aiのアカウント登録完了画面

画像出典:novel ai 公式

URLリンクをクリックすると、アカウント登録が完了します。

その際に表示されるチュートリアルは英語で表記されており、使用するのもイラスト生成の時だけなため、スキップしても問題ありません。

そして、利用するには課金(サブスクリプションを登録)する必要があり、無料で利用することはできません。

2.サブスクリプションを登録

次にサブスクリプションの登録方法について説明していきます。

アカウント登録が終了すると、フリートライアルとして利用することができるようになります。

しかし、この時点ではAIイラストを生成するために必要な「Anlas」という、イラストを生成するために消費するポイントのようなものがないため、イラストを生成することはできません。

そのため、「Anlas」を手に入れるためにサブスクリプションを登録していきます。

novel aiのサブスクリプション画面

画像出典:novel ai 公式

まず最初に、トップページの左上に表示されているアイコンをクリックしましょう。

novel aiの管理画面:左上の歯車マークをクリック

画像出典:novel ai 公式

次に、中央部に表示されている歯車のアイコンをクリックしましょう。

novel aiの詳細設定画面

画像出典:novel ai 公式

さらに、歯車のアイコンをクリックすると設定ページに移ります。

設定ページでは左側に表示されている『Account』から『Manage』をクリックしましょう。

novel aiのサブスクリプション選択画面

画像出典:novel ai 公式

Account』から『Manage』をクリックすると、サブスクリプションをするか聞かれるので、『Take me there』をクリックしましょう。

novel aiの料金プラン一覧

画像出典:novel ai 公式

Take me there』をクリックすると、プラン選択画面に移ります。

プランを選択し、支払いを行いましょう。支払いはクレジットカードとPayPayの2種類から選択することができ、支払い完了メールが届いたら、準備は完了です。

novel ai(ノベルai)の料金プラン

プランには3種類あり、左からTablet(10ドル)、Scroll(15ドル)、Opus(25ドル)といったプランがあります。()は月あたりの金額です。

Tablet(10ドル)は、トークンメモリを1024持ち月ごとに1000Anlas付与されるプランです。

Scroll(15ドル)は、トークンメモリを2048使用し月ごとに1000Anlas付与されるプランです。

Opus(25ドル)は、トークンメモリを2048使用し月ごとに10000Anlas付与されるプランです。

Anlas』とは、novel aiで使用されている独自通貨で、novel aiではこの独自通貨を使用してイラスト生成が行われています。

さらに、イラストは「1枚=5Anlas」で生成することができますが、イラストのサイズや解像度を変更する場合には、1枚にかかるAnlasが変わります。

プランは後から変更することもでき、Anlasが足りなくなった時には追加課金で増やすことができます。

河津大誠

AIイラストの生成はランダム性が高いため、自分が納得できるものが出来るまで生成し続けるため、Anlasの消費は思っているよりも早いかもしれません。

また、トークンメモリはAIが一度に記憶できるトークン数のことを示しています。トークン数と文字数は1対1の関係ではなく、英語の場合1トークン約4文字程度であるため、およそ4096文字の記憶が可能です。

無料版と有料版では何が違う?

『novel ai』にはFree Trial(無料版)が用意されていますが、上記の3つのプランとの違いはなんなのでしょうか?

Free Trial」(無料版)では、AIの記憶可能文字数は約4096文字、記憶トークンは約1024個、フリーテキスト(ストーリー)生成数は100まで可能となっています。

トークンメモリに関してはTablet(10ドル)プランとの間に違いはありません。

ただし、Free Trial(無料版)ではAnlasを獲得することが出来ない、すなわち画像生成ができない仕様となっています。

そのため画像生成を行う場合はFree Trial(無料版)ではなく有料プランに移行する必要があるのです。


第2章 novel ai(ノベルai)の使い方

novel ai』では細かい設定ができますが、今回は基本的な使い方を紹介していきます。

基本的な使い方

まず、『Image Generation』をクリックしましょう。

novel aiにて画像生成を選択する画面

画像出典:novel ai

次に表示された規約に同意します。

なお、こちらが『novel ai』の利用規約になっています。

必ず規約の全文に目を通してから、「Click here to agree with there terms」をクリック、次に「Accept」をクリックして同意しましょう。

novel aiの利用規約の同意画面

画像出典:novel ai 公式

表示された注意画面を確認してからOKをクリックしましょう。

novel aiにおける画像生成の説明画像

画像出典:novel ai 公式

次に画像を生成していきます。

どのような画像を作りたいか、呪文(AIに指示する文章)を使いAIに伝えます。

その際に、呪文にはポジティブプロンプトとネガティブプロンプトの2種類があり、入力箇所が異なっているため注意しながら伝えましょう。

さっそく文章を入力しましょう。

プロンプトの入力画面

画像出典:novel ai

今回はこちらの文章を使用します。

PROMPT{{masterpiece}}, {{{best quality}}}, {{ultra-detailed}}, {{illustration}}, {{disheveled hair}}, a chibi girl, surrounded by pink flower

画面右側に表示されている『Low Quality + Bad Anatomy』の下にある図にはネガティブプロンプトの文章を入力しましょう。

ネガティブプロンプトは描いてほしくない物や形状を伝えるための文章です。(ネガティブプロンプトについて詳しくはこちら)

ネガティブプロンプトは入力しなくても画像を生成することはできますが、生成したい画像に近づくには入力した方が良いです。

novel aiのネガティブプロンプト入力画面

画像出典:novel ai 公式

他にも設定を調整できるパラメータがありますが、ここでは省略して生成します。

画像の生成には「Generate」をクリックするかEnterキーを押すことで生成することができます。

generateをクリックすることで画像の生成が可能

画像出典:novel ai 公式

モデルの選択(NovelAIDiffusionV3)

11月のアップデートにより、よりリアルな画像が生成可能なNovelAIDiffusionV3モデルが使用可能となりました!

また、画像生成画面が日本語にも対応しました。

日本語でのnovel aiのホーム画面

画像出典:novel ai 公式

基本的な構成は変化していませんがモデルの種類が追加されています。

novel aiのモデル一覧

画像出典:novel ai 公式

様々なモデルが存在しますが、基本的には「NovelAIDiffusionV3」を使用することをお勧めします!

動物を作成する場合に限り「NAI Diffusion Furry」の使用もありです!

画像生成に役に立つ呪文設定を紹介

調整は難しいですが、上手く使うと元の画像をうまく活かしながら生成できる上級者向けの機能を紹介します。

強度

オリジナル画像と離れているイラストほど強度が高いですが、かけ離れすぎには注意しましょう。

ノイズ

本来の画像とは異なる色が出せるノイズという機能もあります。

コントロールツールのカラースワップでは、画像の線画を基準とし、色や要素を変えることができ元の構図は白黒でメニューに表示されています。

フォームロックでは、アップした3D構図は変えないまま画像のキャラを変えられます。


     🔼「AITech」がオススメする初心者〜上級者まで学べるAIスクールです!🔼

第3章 『novel ai(ノベルai)』の注意点

画像生成は有料

前述の通り『novel ai』には上記の3種類の料金プランの他に、「Free Trial」を利用することができ、こちらでは主にストーリーの生成が可能になっています。

ただし、「Free Trial」ではイラスト生成機能を利用することはできなくなっています。

イラスト生成を行いたい方はTablet、Scroll、Opusプランを選択する必要があります。

日本語未対応

また、『novel ai』は日本語に対応しておらず、英語での入力しか行えません。

そのため呪文は英語で生成する必要があります。

英語に慣れている方は良いですが、普段日本語で呪文を生成している方は、Google翻訳等を利用すると良いでしょう。

ChatGPTと組み合わせた独自の使い方

また、ChatGPT Plusに加入している方は『Photo Realistic』というプラグインを用いることで簡単に英語の構成の呪文の生成が可能です。

Photo Realistic』は簡単に生成したい画像の特徴を入力すると、本格的な呪文へと変化する機能を持ちます。

ChatGPTプラグイン『Photo Realistic』の実践使用例Part1

画像出典:ChatGPT

ChatGPTプラグイン『Photo Realistic』の実践使用例Part2

画像出典:ChatGPT

上記のように、簡単に生成したい画像の特徴を記入するだけで、高性能な呪文を英語を用いて生成してくれます。

詳しい使い方についてはこちらの記事を参照ください。


著作権に関する問題

新モデル「NovelAIDiffusionV3」を用いた画像生成では非常に精度の高いアニメ風画像の生成が可能だと話題です。

ただし、学習データとして既存のアニメ画像を用いている可能性が高く、著作権関連問題に発展する可能性もあります。

そのリスクを把握した上で使用しましょう。

第4章 まとめ

ここまでで、novel aiの概要、始め方・使い方、料金と注意点を解説してきました。

英語で使用する必要がある点が難点ではありますが、ChatGPTプラグインと組み合わせるなどして、対処しつつ画像生成を楽しみましょう!

画像生成AIの中では古参ではありますが、独自の良さを持っているので、他の画像生成AIと併用しつつより良い使い方を模索してみてください。

執筆者:河津大誠

サービス紹介資料

【資料無料ダウンロード】

・AI業務活用お役立ち資料

・用途別のおすすめAIをご紹介

・生成AIの業務導入事例も掲載

この記事は役に立ちましたか?

もし参考になりましたら、下記のボタンで教えてください。

関連記事

コメント

この記事へのコメントはありません。